反則とされる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 一般に殴る蹴るなどの暴力行為・危険行為が反則とされることが多い。
  • このため本来、映像としては反則とされる表現も行われている。
  • 通信対戦では反則とされた為、公式大会で使用禁止となった。
  • 防具のない箇所への打撃は反則とされているので、ローキックは存在しない。
  • 上記の通り、いきなり帯より下の部位をつかむ組手は反則とされ、禁止されている。
  • ゲンコツ攻撃は相撲ルールでは反則とされているが、初体験のゲンコツを嵐のように見舞われた。
  • ボクシングでは、 総合格闘技では、 が主な反則とされる。
  • 基本的にプロレスでは、国、団体にかかわらず、グローブを着けていても拳の部分での殴打は反則とされている。
  • ルール上は反則とされ、注意、警告、または減点が与えられる。
  • この事件の結果として、試合の精神に反すると考えられたため、下手投げボウリングはクリケットの全てのグレードで実質的に反則とされた。
  • マスクを剥ぐ・剥ごうとする行為はほとんどの団体で反則とされているが、小林邦昭のようにあえてそれをやることでヒールとしてのイメージ確立を図ることもある。
  • グレイシー柔術で行なわれる、急所攻撃さえ認めるようなもっとも限定的なルールの場合でも、かみ付きと、目への攻撃は反則とされる。
  • 多くのプロレス団体においてチョーク=気管を圧迫する行為は反則とされており、反則裁定なしなどの特別ルールでない限り決め技となることは少ない。
  • 柔道のルールでは立技で標準的な組み手として、「左手で相手の上衣の右側の帯よりも上部を、左手で相手の上衣の左側の帯より上部を握ること」とされており、それ以外の部分を握ることは反則とされるか、時間制限が課せられる。
  • リプレイでは目潰しの酷さから会場に悲鳴が上がり、目突きという公式に反則とされている行為ながらも、反則をした側が勝者となり、された側が敗者となる判定は物議を醸した。
  • このルール体系は、マークやフリーキック、タックルの存在、オフサイドルールの欠如、選手がボールを投げることについて明確に反則とされることが独特である。
  • 後半19分、大分のゴールキーパーのプレーがバックパスを手で扱ったとして反則とされ、山形がゴールエリア内での間接フリーキックを得たが、大分はこれを防ぎきる。
  • 相手の胴の部分を打つ打突で、剣道では原則右胴が主流であるが、一時期、面、小手、右胴を隠す三所隠しと呼ばれる守り方が横行したため、左胴も用いられるようになり、後に戦意のない態度として三所隠しが反則とされるようになったあとでも使用されるようになった。
  • 不正行為はゲームの公正さを著しく乱す行為として、単なるマナー違反やチョンボよりも重大な反則とされる。
  • 他の格闘技でしばしば反則とされる、顔面への打撃や関節技が正当な技として用いられる点は、バーリトゥードの特徴であり、寝技で相手の上に馬乗りになって顔面を打撃し、相手が打撃を逃れようとうつぶせになる所で首を絞める,という展開がしばしば見られ、馬乗りの体勢となることが「定石」とされている。