反則である

48 の用例 (0.00 秒)
  • また、ボクシングでもバックハンドブローと呼ばれ裏拳打ちは反則である。
  • 硬貨を水の中から落とすのは反則である場合も少なくない。
  • プールの底に足をつけてボールを扱うことは反則であるため、常に立ち泳ぎをしながらゲームを行う。
  • ボールに当たっていないと言い張って逃げるのは反則である。
  • また、後方からのタックルは反則であり、タックルを難しくしている。
  • 一方守備側の反則であった場合、攻撃側に自動的にファーストダウンが与えられる。
  • なお、二手指しはプロの公式棋戦では、二歩に次いで2番目に多く発生している反則である。
  • 不正スタートは、競走競技のスタート時における反則である。
  • 細かな大会のルールなどは判明していないが、刃物や銃火器の使用は反則であることが小説版などで解っている。
  • なお日本国内のルールでは中学生以下の試合では両手で脚を取る行為自体が反則であるため、該当する年齢層の公式戦において双手刈は使用できない。
  • 解答者以外の人物が答えを教えるのは反則である。
  • なお、このカットはフックをかわした後の反則である肘が当たったためである。
  • もはやインチキというよりも詭弁の領域の反則である。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • また相手の髪をつかむことは反則である。
  • なお天挑五輪大武會編においては銃器の使用は反則であるという解説がなされた。
  • 一つ目は51分の「神の手」ゴールであり、本来は反則であるが、手を使ってボールをゴールに押し込んだ。
  • サッカーは一般に得点の入りにくい競技であり、ある1つのプレーがペナルティーキック相当の反則であると判断されるか、それとも反則でないと判断されるかが、しばしばその試合の結果そのものを左右することにもなる。
  • 河津掛は反則負けとなる重大な反則であるので、これらの技を掛ける時には足が絡まないよう注意しなければならない。
  • ただしこれは厳密にいえば反則であり、目に余る際は警告、もしくは減点の処分がなされる可能性がある。
  • フォローできるのにフォローしないのは反則である。
  • 次へ »