友谷

全て 名詞
16 の例文 (0.01 秒)
  • 十円の金の工面も出来ない身分で、雑誌を出す事は不安なのだけれども、友谷さんが何とかしてくれるのに違いない。 ...
  • 一四六 お釈迦様の詩 友谷静栄と創刊した「二人」に載せた詩。 ...
  • 友谷さんもきれいな御婦人だ。 ...
  • 友谷さんの旦那さんだと云うことがめざわりで仕方がない。 ...
  • 妻は林芙美子の友人だった詩人の友谷静枝。
  • 友谷静栄と云うひとは才能のあるひとで、その頃、新感覚派の雑誌、文学時代の編輯をも手伝っていました。 ...
  • 夏の終り頃、田辺氏に去られて、私は友谷静栄さんと「二人」と云う詩の同人雑誌を出しました。 ...
  • 友谷さんに誘われて、二人で銭湯へ行く。 ...
  • 下流域には井口・椋梨・友谷・湊の各集落があり、川は佐護平野の水田地帯の中を蛇行しながら佐護湾へ注ぐ。 ...
  • 詩のパンフレット『二人』を、友谷静栄と3号まで出した。 ...
  • 萩原恭次郎はぎわらきょうじろう氏とか壺井繁治つぼいしげじ氏、岡本潤おかもとじゅん氏、高橋新吉たかはししんきち氏、友谷静栄ともやしずえさんなど、みんな元気がよくて、アナアキズムの詩を書いていました。 ...
  • 団子坂の友谷静栄さんの下宿へ行く。 ...
  • ある喫茶店で辻潤つじじゆん壺井繁治つぼいしげじ、野村吉哉よしや平林ひらばやしたい子らと交流が芽生え、そのなかの友谷静栄しずえと同人雑誌を出したりした。 ...
  • 風呂のかえり、友谷さんと、団子坂の菊そばに寄る。 ...
  • 三三 静栄さん 友谷静栄。 ...