友人と呼べる

28 の用例 (0.00 秒)
  • 最近知り合いになったばかりで、友人と呼べるほどの交流はまだない。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 友人と呼べる男は何人かいたが、みんな先に死んでしまった。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 彼は今のところ自分以外に何もおもちゃをもっていない上に、友人と呼べる子も近所にはいなかった。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • このおれだって、今、友人と呼べる人間は、松本ぐらいしかいなかったのだ。 西村京太郎『完全殺人』より引用
  • 親友と呼べる人間どころか、友人と呼べる相手さえふたりにはいなかった。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • そして、いまのところ、僕が友人と呼べる唯一の存在だった。 金城一紀『GO』より引用
  • その中で、唯一、と言っていいが、友人と呼べる女性がいた。 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』より引用
  • ニコラスにとってダリウスは、友人と呼べるような存在だったのだ。 シモンズ『尼僧院から来た花嫁』より引用
  • 自分と雨は恋人ではないし、友人と呼べるのかどうかもあやしい、不自然な関係なのだから。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • ガーディアン入りするまでは友人と呼べる相手はほとんどおらず、クラス内でもどこか浮いた存在だった。
  • 私は男だから女同士の友情というのは知らないが、男の人生にとって本当に友人と呼べるに価する友人の存在は何にもまして大きいと思う。 諸井薫『男とは何か』より引用
  • 友人と呼べる人間がどれだけいるか。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 倉持には友人と呼べる人間がいただろうか。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • それも、友人と呼べる人とのつきあいでなければ無用である。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • 確かに今では <うさぎの穴> のメンバーと親しくなったし、友人と呼べる人間も何人かいる。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 友人と呼べる人間もほとんどいない。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • 友達になろうと言ってくれたゆうなのためにも、もう少し友人と呼べる同年代の女の子との付き合い方を学びたいと思った。 円まどか『ソルフェージュ~Sweet harmony~(web小説)』より引用
  • 友人と呼べるほど親しくはないので、ジュウは一応気をつかっていたつもりなのだが、それが円には気にさわるようだ。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • と考えた時、彼は自分には友人と呼べる者の一人もいないことにハタと気付き、今まで味わったことのない、胸のあたりをしめつけられるような感覚に襲われた。 大槻ケンヂ『くるぐる使い』より引用
  • 唯一の友人と呼べる存在が自身の背中に背負ったぬいぐるみだけという、孤独な彼女であったが、ある日彼女は女装した青年を客にする。
  • 次へ »