友だち

全て 名詞
9,598 の用例 (0.02 秒)
  • 祖母は彼女を、大寺院のそばに住んでる友だちの家へよく連れていった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • それから、二三日の後に、山口屋の主人がひとりの友だちを連れて来た。 岡本綺堂『魚妖』より引用
  • 七年の月日は私の子供を変えたばかりでなく、子供の友だちをも変えた。 島崎藤村『嵐』より引用
  • あなたの女友だちの全部のかたといっしょにいればよかったと思うわ。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • また、非常に男性的な女性が、男性らしい男性と友だちになつたとする。 岸田国士『異性間の友情と恋愛』より引用
  • 私が友だちのところを巡ったのも幾分そんな気持に似たところがあった。 北条民雄『眼帯記』より引用
  • あれほど自分につくしてくれたよい友だちにお礼を言うこともできずに。 サンド/篠沢秀夫訳『愛の妖精』より引用
  • 又何を知らぬにもせよ、母の乳だけは知っている彼の友だちを羨望せんぼうした。 芥川竜之介『大導寺信輔の半生』より引用
  • 又何を知らぬにもせよ、母の乳だけは知つてゐる彼の友だちを羨望した。 芥川竜之介『大導寺信輔の半生』より引用
  • まあ自分の父親も母親も知らない子どもが、アーサの友だちであったか。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • コロボックルと友だちになった人間が、ほかにいないわけではなかった。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 4 ふしぎな目をした男の子』より引用
  • 胸がいっぱいになるときには、大きな友だちたる叔母をたずねていった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • その若い男たちは仲間同士であり、その若い女たちも友だち同士であった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • その日からわたしたちはこの国に一人、しっかりした友だちができた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • ちょうど知った友だちにむかってするように、なつかしげに見えました。 小川未明『金の輪』より引用
  • 他のお友だちは彼女がああいうことをしていたのをきっと知らないに違いない。 群ようこ『無印OL物語』より引用
  • 他の友だちはゴールに入れられたのに自分だけ入らないもんだから。 中村うさぎ『浪費バカ一代 ショッピングの女王2』より引用
  • 鎌倉にはある実業家の細君になった、あいつの学校友だちが住んでいる。 芥川竜之介『妙な話』より引用
  • 友だちが家から出てくるのを娘は待っているのだと、母親は思った。 片岡義男『少女時代』より引用
  • これはハルピンへ商売に行つてゐた友だちの指環を買はされたんだよ。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 次へ »