及川

全て 名詞
1,232 の用例 (0.01 秒)
  • 及川さんが要求を下げてくれたら、ぼくでできることは何でもしますよ。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 考えまいとしていたことなのに、九野の頭に及川の今後のことが浮かんだ。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 及川村は、神奈川県の中央部に位置した愛甲郡にかつてあった村である。
  • その子孫・及川光房は白河結城氏の家臣となり奥州に移住したといった。
  • 六三四役の堀川ともなみ役の及川は、本作での共演が縁で結婚している。
  • 及川が猫背で門をくぐるのを見たら、どちらからともなくため息がでた。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 分裂病慢性期の及川氏はいるだろうかと見回してみたが、姿はなかった。 多島斗志之『症例A』より引用
  • どうするつもりかと訝っていると、及川は二軒隣の小さな映画館に入った。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 及川氏のその立派な横顔には、しかし何の表情もあらわれてはいなかった。 多島斗志之『症例A』より引用
  • 昨夜から及川くんのことを知っていて、どうしてらせなかったんですか。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 彼は課長や部長たちのことばを聞きながら、及川友美のことを考えていた。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 課長に及川のことを報告しなければならないし、少年の一件もある。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • みんなが笑うと、及川先生は笑ってはいけないとおしかりになりました。 林芙美子『お父さん』より引用
  • 会う場所としてそのホテルの部屋を指定したのは、及川友美のほうである。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 及川は日本海軍の戦力がアメリカ軍と対抗できるとは思っていない。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで』より引用
  • 行くところのない及川は、今夜と同様またどこかで時間をつぶすのだ。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • このときの山本の返事は、及川の予想をこえるほど強いものであった。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 及川の同意を得た山本は、四月十日機動部隊用の第一航空艦隊を編制した。 豊田穣『海軍軍令部』より引用
  • 受話器を置き、つづけて俺は及川照夫のアパートに電話を入れてみた。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 今、パートを割り当てられているのは、及川、ぼく、それに宗の三人なのだ。 山田正紀『神狩り』より引用
  • 次へ »

及川 で始まる単語