及ぶ大作

15 の用例 (0.00 秒)
  • 増上寺に全100幅にも及ぶ大作「五百羅漢図」を残した事で知られる。
  • 総製作費は3億6000万円にも及ぶ大作となっている。
  • こうして生まれた曲「錯乱の扉」は20分弱に及ぶ 大作となった。
  • この作品はWOWOWで未放送となった楽曲も含めた全37曲、2時間37分に及ぶ大作である。
  • 表題曲は約11分にも及ぶ大作である。
  • 「プレスト」の発想記号が指定された、967小節に及ぶ大作である。
  • また、福岡・観世音寺の木造立像は高さ5メートルに及ぶ大作で、日本の馬頭観音像の代表例と言える。
  • スペイン版では1100ページにも及ぶ大作『2666』は全五部構成であるが、『2666』は当初、五部のそれぞれを五冊の書籍として刊行するように、と彼の遺言には記されていた。
  • 約13分に及ぶ大作であり、エリントン楽団が1950年5月から6月にかけて行なったヨーロッパ・ツアーの帰途船上で書かれたと言われている。
  • しかしそんな中にあってもセカンドアルバムのレコーディングは進められ、8分にも及ぶ大作シングル「ステイ・トゥゲザー」は、全英3位と最大のヒットになった。
  • 約6万対句にも及ぶ大作である。
  • ここでは、実現困難といわれた正規5集収録の10分以上にも及ぶ大作「GAIA」が初演された。
  • 上映時間157分に及ぶ大作である。
  • ウォーホルとの関係を断ち、ニコが脱退した後に発表された1968年のセカンド・アルバム『ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート』では、より前衛色を強め、ホワイトノイズを多用した17分に及ぶ大作「シスター・レイ」が並ぶなどリードとケイルの音楽性が激しいぶつかり合いと融合を重ねた結果といえるアルバムであった。
  • なお、『伊呂波文庫』は全10編40巻8冊に及ぶ大作で、歌川国芳、落合芳幾もともに挿絵を描いている。