参謀

全て 名詞
13,984 の用例 (0.02 秒)
  • 雪に埋められた蔵の中は参謀本部で、沢庵は老軍司令官というところか。 山田風太郎『柳生忍法帖(下)』より引用
  • さっぱり報告がないではないか、参謀部へもお前のことは云っておるぞ。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 参謀本部はなぜこのような人事配置をしたのか疑問を抱かざるをえない。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • この外航船は、実はアメリカ統合参謀本部の戦時企画に計画されていた。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 同じ日、参謀の起案になる報告が東京の参謀本部作戦課に送られている。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 堀場参謀の示した攻撃計画によれば、攻撃開始時刻は午前五時であった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • マッカーサーの支持を得たGHQの参謀部第二部はそう考えたであろう。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 歳三のためには、その次格の部屋ともいうべき参謀長室があてられている。 司馬遼太郎『燃えよ剣 02 (下)』より引用
  • 当時の関東軍参謀は今日考えられるように人々の喜ぶ地位ではなかった。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • 地球の参謀本部などで事務仕事をしている将校の身のこなしではない。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 幸い明治十七年の参謀本部の地図にはその区画がほぼそっくり残っている。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 戦闘は終った、と参謀本部作戦課が判断したのは大いなる楽観にすぎた。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 彼は夜が明けて七時陸軍参謀総長マーシャル将軍にこの成功を報告した。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 或る参謀将校は、この度のわが作戦は、敵の意表の外に出ず、と語った。 太宰治『苦悩の年鑑』より引用
  • アデナウアーは、参謀本部の席に座るのが仕事だと思っている男である。 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より引用
  • 参謀本部がこの二つの国家理想実現のための先頭に立つのである。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 参謀本部作戦課は、この時点で、たしかに作戦終結の必要を考えている。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 高橋参謀は、自分の定位置としている、いつもの川の岸のくぼ地にいた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • ただひとり参謀本部第二部第六課課長辰巳栄一大佐が反対の意を表明した。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 同じとき、東京は三宅坂上の参謀本部作戦課の面々は何をしていたのか。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 次へ »