参照側クリティカルセクション

5 の用例 (0.00 秒)
  • そうすることで参照側クリティカルセクションと並行して更新可能にする。
  • 参照側クリティカルセクション内にない文は「不活性状態」と呼ばれ、RCUで保護されたデータ構造への参照を保持することは許されない。
  • 全CPUでコンテキストスイッチが起きたら、既存のRCU参照側クリティカルセクションが全て完了していることを保証できる。
  • 定義上、任意のRCU参照側クリティカルセクションが猶予期間の始まりに存在する場合、その猶予期間の終了までにクリティカルセクションが完了しなければならず、それがRCUの提供する根本的保証の前提となっている。
  • プリエンプション不可なのでRCU参照側クリティカルセクション内でプリエンプションは発生せず、あるCPUでコンテキストスイッチが起きたときにはそれ以前のRCU参照側クリティカルセクションは完了しているはずである。