参照モデル

174 の用例 (0.00 秒)
  • 参照モデルの3番目の利用は、人々の間のコミュニケーションを改善することである。
  • この記述によりクロックサイクル毎にどの部分がどう動作するかが詳細に記された重要な参照モデルが作られる。
  • ITILに基づいたプロセス参照モデルの開発が始まっている。
  • OSI参照モデルのネットワーク層の中継機器である。
  • 事業参照モデルは、連邦政府の日常の事業運営を記述するため階層的に構成される、組織化を提供する。
  • 一つの事業参照モデルは、それらを遂行するから独立した、一つの組織の事業運営を記述する手段である。
  • 現在では測定フレームワークが中心であり、他の参照モデルを使うことができる。
  • その3層構造はOSI参照モデルの下位3層と密接に対応している。
  • MOST規格には、OSI参照モデルの全7層に対応する仕様が定義されている。
  • 一般的に参照モデルは、基本目標や何かのアイデアを包含しそして様々な目的のための参照としてみることができる、何かの一つのモデルである。
  • プレゼンテーション層とは、OSI参照モデルにおける七階層の内の第六層である。
  • プロトコルはOSI参照モデルと関連付けて語られることが多い。
  • DPIを備えた機器はOSI参照モデルの第2層と第3層以上を調べる能力がある。
  • ネットワーク層とは、OSI参照モデルにおける7階層の内の第3層の事である。
  • は、ある事業体、サービス組織あるいは政府機関の機能的及び組織的局面に集中した、一つの参照モデルである。
  • 事業参照モデルの他のタイプは、事業プロセス、事業機能、及び事業領域 の参照モデルの間の関係性をも描く。
  • OSI参照モデルでは、第2層であるデータリンク層に相当する。
  • は、一つの事業体、サービス組織、あるいは政府機関の中心事業の機能的あるいは組織的局面に集中した参照モデルを開発することである。
  • 以下は各種の通信プロトコルについて、OSI参照モデルの7層のうち最も近い層に分類したものになっている。
  • 右側の図は、事業プロセス、事業機能、及び事業領域の事業参照モデル間の関係性を描いている。
  • 次へ »