参照モデルの第

3 の用例 (0.00 秒)
  • DPIを備えた機器はOSI参照モデルの第2層と第3層以上を調べる能力がある。
  • DPI機能が使われるのは、機器がOSI参照モデルの第3層より上の情報に基づいて何らかのアクションをとる場合である。
  • OSI参照モデルの第7層に位置し、TCPとUDPポートの37番を使用するもので、 TCPとUDPポートのどちらかまたは、両方を使用して設計を行なう。