参照モデル

174 の用例 (0.00 秒)
  • 最も知られた事業参照モデルは、米国連邦政府の事業参照モデルである。
  • OSI基本参照モデルの物理層とデータリンク層の一部が規定されている。
  • その機能はOSI参照モデルのネットワーク層に直接対応している。
  • OSI参照モデルのネットワーク層にほぼ対応する機能を持つ。
  • OSI参照モデルは今も教育的な意味で非常に重要である。
  • 事業参照モデルは、組織の事業運営を記述する手段である。
  • 従ってOSI参照モデルで言えば、物理層で動作する機器である。
  • OSI参照モデルにおけるネットワーク層データの転送処理を主な機能とする。
  • 診断モデルは参照モデルとの対応づけを作ることになっている。
  • 参照モデルのもう一つの利用は、教育することである。
  • 参照モデルの5番目の利用は、『もの』の違いの比較を可能にする。
  • データ参照モデルは総合的レベルで、政府のプログラムと事業ラインの運営を支援するデータと情報を記述する。
  • 複数の手順を階層化する例として、OSI基本参照モデルなどがある。
  • OSI参照モデルのネットワーク層から上の層を実装している。
  • 参照モデルの4番目の利用は、明白な役割と責任を創ることである。
  • 参照モデルのため多くの利用がある。
  • 事業参照モデルは、一つの組織の事業運営を、それらを実行する組織的構造とは独立に記述する手段である。
  • OSI参照モデルは、ネットワークの概念の教育にとって重要な前進であった。
  • OSI参照モデルでは、この機能はセッション層が対応している。
  • OSI参照モデルのようなプロトコルの階層化の初期の例である。
  • 次へ »