参照カウンタ

17 の用例 (0.00 秒)
  • 参照カウンタと機能の確認はオブジェクトに対して適用される。
  • C言語でCOMを利用する場合、明示的な参照カウンタの操作が必要である。
  • ページの参照カウンタは右シフトしてからカウントアップされる。
  • COMオブジェクトは参照カウンタが0に達したときに自分のメモリを自分で解放する責任がある。
  • このうち参照カウンタ型は、オブジェクトごとに参照の数を記録したレコードを用意し、その数が0になった時点でオブジェクトを解放するというものである。
  • それは オブジェクトが持つ「参照カウンタ」による制御である。
  • 言語による割り付けの違いは、参照カウンタを利用してオブジェクトの生成と破棄を彼ら自身の責任とすることにより解決する。
  • GCの種類には、主にマーク・アンド・スイープ型と参照カウンタ型の2種類がある。
  • これはまたスマートポインタオブジェクトを提供することによってCOMクライアントのアプリケーション開発者が参照カウンタを直接管理しなくてもよいようにする。
  • これを実装するため、COMオブジェクトは一般的に参照カウンタのための整数値を持つ。
  • C++では、自分自身でそれを管理することもできるし、参照カウンタを全部管理してくれるスマートポインタを利用することも選択できる。
  • 一部の言語では自動参照カウンタが提供されるため、COMオブジェクトの開発者はソースコード中で内部参照カウンタを明示的に保持する必要がない。
  • 参照カウンタが減らされて 0 になったときにのみ、そのオブジェクトは削除される。
  • Releaseの目的は、クライアントがもうオブジェクトを必要としなくなり、もし参照カウンタが0に達した場合にはオブジェクトが自らを破棄するであろうということを示すことである。
  • アプリケーションで オブジェクトを作成し、それを存続したければ参照カウンタを増加させておき、必要なしとなったところで減ずるようにする。
  • C言語で書かれているものの、オブジェクト指向の雰囲気は残しており、参照カウンタを用いたメモリ管理などObjective-Cに近いものになっている。
  • 下記はCOMオブジェクトで適切な参照カウンタの制御を簡単にするためのAddRefとReleaseを呼び出す際の一般的なガイドラインである。