参照する側の関係変数

13 の用例 (0.00 秒)
  • 参照する側の関係変数と参照される側の関係変数が、同一の関係変数であっても良い。
  • 参照する側の関係変数の組が残っている場合は、参照される側の組は更新することも削除することもできない。
  • 参照する側の関係変数の複数の組が、参照される側の関係変数の同一の組を、参照することができる。
  • 同様に、参照される側の関係変数の組が更新された場合、参照する側の関係変数の外部キーの値は同じ値に更新される。
  • その際、参照する側の関係変数に組が残っている場合、参照整合性はよく考慮しなければならない。
  • 参照する側の関係変数の属性の1つの組の値は、参照される側の関係変数の組の値として出現しなければならない。
  • このため、参照する側の関係変数の組には、参照される側の関係変数に現れない値を、含むことはできない。
  • 参照される側の関係変数の組が削除された場合、参照する側の関係変数の対応するすべての組は削除される。
  • このオプションは参照する側の関係変数の外部キーにNULLを設定できる場合にのみ、定義可能である。
  • 参照される側の関係変数において組が更新もしくは削除された場合、参照する側の関係変数の組の外部キーの値にはNULLが設定される。
  • SET NULL と似ているが、参照される側の関係変数の組が更新あるいは削除された場合、参照する側の関係変数の外部キーの値は属性の既定値が設定される。
  • NULLのセマンティクスにより、参照する側の関係変数においてNULLのある組は、参照される側の関係変数の組を必要としない。
  • 外部キーは、参照する側の関係変数で1つの属性もしくは2つ以上の属性の集合を同定し、参照する側の関係変数は、参照される側の関係変数の1つの属性もしくは2つ以上の属性の集合を参照する。