参内

全て 名詞
1,357 の例文 (0.00 秒)
  • これを見れば死穢しえに触れたことになり、午後からの参内は出来なくなる。 ...
  • その後も列侯は聞いてきたがそのたびに公仲連は病気として参内しなかった。 ...
  • この事件の処理のため、藩主池田慶徳の翌日の参内は夕方にずれ込んだ。 ...
  • 参内して見ると、一室に多くの近臣や二人の魔法師と一緒におられた。 ...
  • 伊勢神宮参拝も歴代首相も入れない一番奥まで参内を許されたという。 ...
  • それにつけても、ひとめ東宮に、と思われて、そっと御所に参内された。 ...
  • 事件は速やかに報告され、大院君はすぐに高宗がいる乾清宮に参内した。 ...
  • 参内した黒田と松方に対し、天皇は山縣を首相としてはどうかと諮った。 ...
  • のちに豊明節会で妻は女鳥王のものだった玉釧を身につけて参内した。 ...
  • 基一郎はそこに歩いていって署名をし、それで参内はおしまいなのであった。 ...
  • 進めば参内を中止せざるを得ず、退けば武家の禁忌をおかすことになる。 ...
  • その同情のあらわれた数日の後、曹操は急に関羽を参内さんだいの車に誘った。 ...
  • 明帝はこれを喜んで、詔勅を下して游楚に参内を許可して宮殿に登らせた。 ...
  • 当時家康は参内して正二位に任ぜられて、伏見の館にいたのである。 ...
  • それを聞いた孟子は、帰宅も参内もしないで友人の景丑の家に泊まった。 ...
  • だが関白に命じられたという形をとらなければ、正式の参内とはならないのである。
  • そのことを知って病床に参内した老宰相は、ベッドの皇帝に言った。 ...
  • 次へ