去つて行つ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 去つて行つたものが嘘か、あとに残されたがらん洞が嘘なのか。 ...
  • 喋り足りると、その男は勝誇つたやうに自転車に乗つて去つて行つた。
  • そしてその頃から彼は漸く彼の意識的藝術活動そのものをも棄て去つて行つたやうに見える。 ...
  • 彼女の思念をこの時何物かが音もなく溶け去つて行つた。 ...
  • 汽車は毎日停車場へ来ては、又停車場を去つて行つた。 ...
  • さうやつてかなり長い時間かかつて穴の清掃を終へたと思ふと、ジガ蜂は戸外へ飛び去つて行つた。 ...
  • ジガ蜂はまた飛び去つて行つたが、それは夏の日ももう間もなく暮れようとする頃だつた。 ...
  • それから飛び去つて行つた。 ...
  • いつかかくげい順番じゆんばんむかうのはう遠去とほざかつてつた。 ...
  • やがて近づき、すぐ側まで来ると、彼女はにつこり微笑しようと、唇をほころばせかけたが、急にそれを止めて、そして急ぎ足で去つて行つた。 ...
  • 貨物列車は遠く去つて行つた。 ...
  • 雀は突差によろめき、飛翔の呼吸を計つてゐたが、一二度羽根を風に向けて拡げ、すぐその姿勢のまゝさつとマストの方へ飛び去つて行つた。 ...
  • 彼は聖像の前に嚴かに十字を切ると、金色の燭臺を降して、それを兩手に支へたまま、人無きが如くに私達の眼の前を去つて行つた。 ...
  • 「君は、将棋が差せないから、駄目だね、K君の家はS医院の所を入るんだね、ぢや、失敬、将棋が差したいんでね」 井伏君は何か私に済まないやうな、と言つて隠し切れないほど嬉しいやうな微笑を浮かべると、くるりと後を向いて、足早に歩き去つて行つた。 ...
  • 黒の背広に縞ズボンといふ職業的服装で彼は、柳澤の運転するぼろフォードに乗つて黒い風のごとくに現れ、また黒い風のごとくに去つて行つた。 ...
  • 比嘉は桟橋のはづれに立つて、白いハンカチを振つてゐたが、一寸、小腰をかゞめて、大股おほまたに桟橋を去つて行つた。 ...