原発運動

37 の用例 (0.00 秒)
  • 反原発運動をしてる人に対しても、懐疑的な立場をとっている。
  • 原子力開発に関しては一貫して反対の論陣を張り、反原発運動の拠点となっていたといわれる。
  • 近年ではmore trees、反原発運動などに参加している。
  • 日本の反原発運動の大きな転換点は、1986年のチェルノブイリ原発事故である。
  • また原子力発電にも反対の立場であり「反原発運動に残りの生涯は携わりたい」とインタビューで述べている。
  • ちなみに1979年のスリーマイル島原発2号機の事故は日本国内の反原発運動にはあまり影響を与えなかったとされる。
  • 下記のように、反原発運動の一部に代表されるような、図式的な市民運動に強い嫌悪感を示す一方、反天皇制の言説も多い。
  • 本発電所の立地条件を強調した反対運動は長らく続いているものであり、1990年代以降は、日本の反原発運動関連の書籍では必ずと言ってよいほど言及されている。
  • 麻酔医として出発するが、1970年代から環境保護運動に共鳴し、反原発運動や森林保護などの運動に参加した。
  • 日本の新潟県巻町では多数ではなかった新住民が原発反対運動を担う役割を果たしたが、巻原子力発電所の建設の是非を問う全国初の条例による住民投票において、旧住民の協力を得ることによって、大差で「建設拒否」を意思表示、その後の日本の反原発運動や住民運動に大きな影響を与えた。
  • また、事故後は反原発運動が活発化し、「一般市民も参加する反原発運動が盛り上がりを見せ」た。
  • 松下はこの過激派シンパというのは捜索の口実で、市民運動・反原発運動潰しではないかと記している。
  • チェルノブイリ原子力発電所事故に起因する反原発運動をきっかけに生まれた南ドイツの市民団体が、原発のない社会を自ら実現するためシェーナウ電力会社を設立している。
  • 六ヶ所再処理工場を中核とする日本原燃の使用済み核燃料再処理事業は日本国内の反原発運動の標的となっており、訴訟や本の出版、映画製作、講演会など様々な手段を用いた反対運動が展開されている。
  • 反原発運動が世界規模になった出来事は、1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所事故である。
  • ミニコミのひらひらニュースを発行していたほか、反原発運動や新東京国際空港反対派の機関紙、新左翼党派の機関紙誌類を販売する一方、文芸同人誌など政治運動と無縁の自主出版物も置かれていた。
  • 反原発運動全国連絡会を結成し、『はんげんぱつ新聞』の発刊に携わるなどの活動もあった。
  • 桜井は左翼の主張する反原発運動は日本の電力の安定供給が危うくなり、経済が成り立たないとも主張し、電力不足は左翼が主張する「社会的弱者」が一番に犠牲になるとも主張している他、現段階の日本は原発に頼らざるをえないとも述べている。
  • 環境汚染、反原発運動をしてきた。
  • また、反原発運動が当時の日本以上に盛んなドイツなどでフィルター付きベントが設備されたことについて「チェルノブイリ事故で盛り上がった反原発運動を鎮める狙いもあった」とむしろ原子力に対する疑いの目が安全強化を促した旨のコメントも報じられている。
  • 次へ »