原発建設

64 の用例 (0.00 秒)
  • 原発建設計画への反対派の努力は、数冊の本や2本の映画の原案となった。
  • のちに「原発建設条件付き賛成派」と呼ばれるようになるグループだ。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • このためゴンベ州で産出されるウランを利用した原発建設が計画されている。
  • 一般市民の間では、原発建設問題はもう過去のこと、という雰囲気が強かった。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • ロシアは新規の原発建設の計画を見直す考えは無いと表明した。
  • なお、この原発の建設決定は福島第一原子力発電所事故以後では最初の原発建設発表となった。
  • 福島第一原子力発電所事故後も、フェルハーヘンは原発建設の姿勢を変えていない。
  • 福島第一原子力発電所の事故の後も計画の変更はなく、チェコの原発建設計画に対する基本姿勢は変わっていない。
  • 運転開始後十年、二十年とたつと自治体の収入が少なくなるので、地元は再び次の原発建設を誘致しないと税収を確保できなくなる。
  • なおロシアによる原発建設は、この地にさらに4基、インド全体で最大12基の計画がある。
  • 電力3社と珠洲市側による建設推進行動と平行して、市民側でも原発建設反対への流れが進んだ。
  • これを機に周辺漁協は次々と鳴浜の埋立工事に同意し、原発建設促進の流れができた。
  • 計画を上回るスピードにて原発の建設が進んでいることが指摘されているため、国内の人口増の影響もあって中国の原発建設計画がさらに拡大することは間違いない情勢となっている。
  • その後2011年から2015年にかけての期間は内陸での原発建設を進めない方針となり、建設の承認が得られないため計画は進展しないとされる。
  • これ以降、様々なことが自分の日常生活に侵入してきて、息子の交通事故が原発建設に絡まるハイテク犯罪に巻き込まれていく。
  • 過疎化も激しい北海道一地方の漁民たちが、原発建設という国家と大企業による巨大開発にどう巻き込まれ、何を強いられたのか。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 「漁業と原発問題を考える会」は、当初は原発建設に賛成というわけではなかった。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 原発建設や河川工事などの公共事業は、自然環境を壊滅に追いやるから、という理由で疑いの目が向けられることが多く、私自身もよくそういう視点で記事を書く。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 原発建設推進側にとって、岩内はいまや「敵の牙城」となっていた。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 北海道電力株式会社の原発建設計画に、地元で最後まで反対運動を続けた漁家たちにインタビューするためだ。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 次へ »