原発問題

40 の用例 (0.00 秒)
  • その論ずる範囲は原発問題に留まらず、平和運動にも深く関わっている。
  • デビュー時よりライブやネットを通じて社会に対する主張を行い、国内の原発問題にも事故以前から発言していた。
  • 彼らには、原発問題は決して終わってはいなかった。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 講師を派遣した日本科学者会議にとっても、内部に原発問題研究委員会を発足させた直後だったから、力が入っていた。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 「反執行部派」と書かれているのは、「漁業と原発問題を考える会」の人々のことだ。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • ところが、原発問題の先行きが見え始めたこの時期、新たに組合員になり出したのは、そうした人々が中心だった。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 原発問題を漁協の当面の最重要課題とする、と確約させられての昇格だったという。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 学生時代は、原発問題と同和問題を研究しつつ、サブカルチャーを扱う企業にも身を置いた。
  • TPPや原発問題、外交は曖昧な状況が続くため炎上しやすく炎上が継続しやすい。
  • 「漁業と原発問題を考える会」は、当初は原発建設に賛成というわけではなかった。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 今回の知事選の主な争点の一つである諫早湾干拓事業問題への対応や同県にも立地している原発問題への対応、石木ダム建設問題への対応などで両者の対立軸が明確となっている。
  • また、教育や労働問題・原発問題、さらにはパチンコ依存症や医療関係の出版にも力を入れるなど、社会派出版としても期待される。
  • 原発問題・エネルギー問題、その前後に繰り広げられた脱原発デモなどの社会問題に取り巻かれた人々の行動の結果、または行動の影響を受けた結果として、この家族形態が描かれていると捉えることができる。
  • また、23年におよぶ原子力発電反対の闘争が続いているため、原発問題や環境問題に関心がある人の間では比較的知名度が高く、伝統的な生活や伝統行事の神舞などが残っていることから、知る人ぞ知る隠れた観光地となっていて、観光目的の来島者は少なくない。
  • 四国電力伊方原子力発電所が付近に立地していることから、原発問題を精力的に取り上げた。
  • 第二点、斡旋融資を受けた者の中で「漁業と原発問題を考える会」の会員は何名かと、非会員は何名かというご質問でございますが、これにつきましては斡旋の窓口には「考える会」の役員が行ったのは事実のようでありますが、それ以上のことについては分かりません。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 理由は原発問題にからむものである。
  • 一九七五年八月、岩内郡漁協の総代や一般組合員約六〇人が「漁業と原発問題を考える会」という、いわば組織内組織をつくった。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • ドイツの国営放送である第2ドイツテレビは福島第一原子力発電所事故の特集報道の中で、日本の政界やマスメディアには原子力村と呼ばれる巨大なネットワークが存在することに触れ、震災後に政界で起こった菅おろしや誤報を大量に含んでいたマスコミ報道は管が原発問題で原子力村と真っ向から対立したためであるとしている。
  • 小林さんは、地元では反原発議員として知られる一人で、早い時期に「岩内原発を考える会」という市民グループをつくって、原発問題にかかわってきた。 平田剛士『漁民解体』より引用
  • 次へ »