原発の安全

20 の用例 (0.00 秒)
  • それが故に原発の安全神話が広まり事故が起きた際の対応の策定がなおざりにされてきた。
  • 一方、原発の安全神話を掲げてきた政府は、テロリストの要求にどう対応するか逡巡するのだった。
  • 岩田は1979年に発生したアメリカのスリーマイル島原子力発電所事故以来原発の安全性に疑問を抱くようになり、原発反対の市民運動に参加していた。
  • 朝日新聞の報道によれば、そのシミュレーションの内容は、福島第一原発の事故と似ているものであり、結果報告は、米国の原発の安全規制に生かされているとされる。
  • ・「福島原発の安全管理会社がイスラエルのマグナBSP社である」ことをメディアも東京電力も政府も絶対に触れないタブーになっている。
  • 福島第一原発の事故後も、政府・電力会社・経済界などから、定期検査などで止まっている各地の原発の安全性を確認した上で原発を再稼働しようという声が高まったことについて、著書の中で、「安全な原発などはなく、安全性を確認できるようなことは金輪際ない」と述べている。
  • 経済産業省はこの対策が講じられたことが確認できれば再稼働は可能との見解で、経済産業大臣の海江田万里は6月に原発の安全宣言を出し、定期検査の予定の作業が終了した玄海原発の再稼働を進めようとしていた。
  • にもかかわらず、1982年3月、原子力規制委員会は原発の安全性を認証し、1968年の決定の見直しは行わないことを決定した。
  • スリーマイル島原子力発電所事故やチェルノブイリ原子力発電所事故に伍する、史上最悪の原子力災害の一つであり、旧ソビエト連邦よりも格段に原発の安全策が講じられていると目されていた日本でこのような大惨事が発生したことは、各国のエネルギー政策に大きな影響を与えた。
  • 小説では父方の祖父母がラストシーンに登場し、帰宅した主人公が原発の安全性を訴える祖父と相対する場面で終了するが、漫画版にはこの祖父母が登場しないため、主人公が弟の遺体を菜の花畑に埋葬し、畑を見つめる場面で終わる。
  • 一方で、福島第一原子力発電所事故によって原発の安全性に対する危機が高まったことで、日本国内各地の定期検査中の原子炉の再稼働が延期されはじめたほか、5月には運転中だった中部電力浜岡原発の4, 5号機を政府の要請により停止した。
  • 経済産業省はこの対策が講じられたことが確認できれば再稼働は可能との見解で、海江田万里経済産業大臣は6月に原発の安全宣言を出し、定期検査の予定の作業が終了した玄海原発の再稼働のために佐賀県の古川康知事を訪ねた。
  • 相次ぐ原発反対運動に対抗し、電気事業連合会は頻繁に原発の安全性をアピールする有識者による広告を新聞掲載し、マスコミも反対運動の記事化を控える傾向にあった。
  • 北西側に沈む場合、柏崎刈羽原子力発電所のある断層南東側は、断層が地表から浅いところにある事になり、原発の安全対策の欠陥がさらに大きくなることから注目された。
  • 魚住社長は日本経済新聞とのインタビューで、「原子力に対する信頼回復が第一」と述べ、原発の安全性向上に最優先で取り組む姿勢を強調した。
  • 同日、メルケル首相は関係閣僚の緊急会合を招集し、国内原発の安全点検を指示した。
  • 福島第一原子力発電所事故から、日本全体で原発の安全性に関する議論が高まり、2011年7月と11月にはそれぞれ5000人、4000人規模の浜岡原発の永久停止、廃炉を求める集会が行われた。
  • オイルショックによるエネルギー供給不安と原発の安全性への不安という相反する事態の中で4月18日、山本壮一郎宮城県知事は原発の許認可申請受付をストップした。
  • 山崎久隆は、「スリーマイル島原発事故が起き、日本の原発の安全性も問題になっていた」時期という点に着目し、更に事故の前月の4月18日、日本原子力発電敦賀発電所にて放射性廃液の漏洩事故があったため、福島県議会も事故当日である5月12日に福島第一原子力発電所へ立入調査を行っていた事実を提示している。
  • 共産党公認の宇野は、『脱原発』を掲げ、県内にある高速増殖炉「もんじゅ」の永久停止や県内原発の増設や稼働の停止などを訴え、原発の安全性に対する不安の受け皿となったが及ばなかった。