原田助

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • パリに行く車中で知り合った同志社大学前総長原田助博士が一緒だった。 ...
  • この日の尋問では、三澤教授は鑑定作業や鑑定書作成に全く関与しておらず原田助教授に任せきりにしていたこと、実際に鑑定試料を使って鑑定作業を始めたのは鑑定書を提出した1993年の5月であったことが明らかになった。 ...
  • また、原田助も1886年に神戸YMCA会長に就いている。 ...
  • これに対して原田助教授は、「当時としては、できる限りの技術を使った」としつつも、「今の研究成果からみると、未熟」で、「明らかに先生のおっしゃるとおり」「破綻していると言っても差し支えない」と答えた。 ...
  • 日本からは、本多庸一、井深梶乃介、原田助、千葉勇五郎の4名が参加。 ...
  • 同志社中学に学び、1910年に原田助から洗礼を受ける。 ...
  • 草創期の同志社で主流を成した、熊本バンド出身の原田助が1907年から1919年まで、第7代総長として12年間にわたって在職した時期に、同志社は目ざましい発展を遂げている。 ...
  • 明治23年1月、原田助が神戸教会を辞任し、兵庫教会牧師だった村上が神戸を兼任する。 ...
  • ベルリン大学に留学した日本人のうち、安部磯雄、原田助、波多野精一、森鷗外、黒崎幸吉などはハルナックの講義を直接聴講したとされる。 ...
  • 翌明治19年、アメリカン・ボードのオラメル・ギューリック宣教師と原田助牧師の臨席の元に、元浦河教会を設立した。 ...
  • 明治25年、横井時雄、綱島佳吉、原田助、内村鑑三が編集員になる。 ...
  • thumb|140px|原田助 内村鑑三不敬事件など一連の排撃論に触発されて、キリスト教徒も民法典論争に参戦。 ...
  • 第1回総会座長は原田助である。 ...
  • 原田助社長、普通学校教頭の波多野培根、神学部主任の日野真澄らとともに、水崎は同志社復興運動の中心的役割を果たした。 ...
  • また、明治末期より大正時代までに、牧野虎次、海老名弾正、小崎弘道、原田助、島田三郎が訪れて講演を行い、婦人会も丹羽もと子、海老名みやらを招いて講演を行った。 ...