原産種

21 の用例 (0.00 秒)
  • 日本には四種ほどの原産種があるほか、いくつかの帰化種がある。
  • 一概には言えないが、一般に島嶼では原産種の競争力が弱いものと考えられる。
  • この遺伝子を持つ馬種は非常に少なく、ほぼ北米原産種に限られる。
  • 日本原産種であり、東北地方から中部地方にかけての温暖な山地に自生する。
  • ショウガはインドや中国南部原産種であり、よく成長するとして新世界に持ち込まれたアジアの香辛料であった。
  • 積極的に研究用の品種改良、そしてペットとしての品種改良が行われたために、性質・行動等も原産種とは大きく異なる。
  • セキチクは中国原産種でおもに観賞用に栽培され、その花は赤や白やそれらの色を組み合わせた模様など多くの種類が存在するが、色名としては桃色に近い花の色のことをさす。
  • 多くの北米原産種の葉は細長くなるのに対し、本種は比較的葉幅が広く楕円形に近くなるところなどで見分けられているが、外観がよく似ているため判別は難しい。
  • 以前、中国原産と考えられていたが、現在はビロードアオイ属のトルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種とする説が有力である。
  • その名の通り、ヨーロッパ原産種で、西はイギリスから東はロシアに分布し、生息域は北はスカンジナビアの北極圏、南はフランス中部や黒海に至る。
  • この地域には40ほどの希少種の生物、主に植物が生息しているとされ、「マクドネルソテツ」などの数少ない原産種もある。
  • ソメイヨシノとはそれぞれ日本原産種のエドヒガン系の桜とオオシマザクラの交配で生まれたと考えられる日本産の園芸品種である。
  • 飼育環境における近隣種との交雑もあるため、近隣種の性質を強く受け継いだ個体もあり、遺伝的にも野生の原産種と完全に同一とは言えない。
  • ニューギニアの原産種であるニューギニアヤリガタリクウズムシは1970年代にグアム島などに侵入し、その後1990年には沖縄に侵入したことが確認され、1990年代前半に父島で確認された後、島内で急速に分布を拡大させていった。
  • 日本や中国では大輪のクレマチスを鉢に仕立てて鑑賞するが、ヨーロッパ原産種およびその交配種は花が小さいことから、ヨーロッパでは主に修景に用いられる。
  • 現在大多数を占めているいわゆる信州柴犬は、昭和初期の保存運動の中で、島根産の石号と四国産のコロ号を交配して作られたアカ号の子孫が長野県へ移入・繁殖されたものを源流としており、その呼び名からしばしば誤解を受けるが信州地方原産種ではない。
  • これら日本原産種は、他のレンギョウ類に比べて開花時期が4月 - 5月頃と遅い。
  • コクレンとは、コイ目コイ科アブラミス亜科に分類される、ハクレンと同じレンギョの仲間の中国原産種で、四大家魚のひとつでもある。
  • 南アフリカの原産種が多いが、熱帯アフリカ、東アフリカ、マダガスカル、アラビア半島にも分布する。
  • 日本で法規制前に合法ドラッグとして市販されていたシロシビン群キノコの代表的なものとして、シロシベ・クベンシス、シロシベ・アズレンシス、シロシベ・メキシカーナ、コーポランディア・サイアネンシスなどの北中米原産種がよく知られる。