原産国

164 の用例 (0.00 秒)
  • 原産国とアメリカ以外ではあまり見かけない、まだ珍しい新犬種である。
  • もちろんマリノアの原産国であるベルギーでもほとんど知られていない。
  • 原産国であるアメリカでもあまり見られない珍しい種類である。
  • 原産国では著名な犬種ではあるが、他国ではあまり知られていない犬種である。
  • 原産国では生きるための知恵を豊富に持っていると言われている。
  • もとから希少な犬種で、原産国では血統の管理が厳しく行われている。
  • 原産国ではペットとして人気を博し、ボリビアの国犬にも指定された。
  • 現在も犬食文化のある原産国の一部の地域では、レストランや市場でこれの肉が売られている。
  • しかしながらFCIは原産国が変更された理由を説明できるだけの記録をすでに持っていないと思われる。
  • 原産国であるアメリカ以外では、非常に珍しい種類である。
  • 第二次世界大戦中あるいはその直後に、この犬の原産国はデンマークからドイツに変更された。
  • 産地にこだわり、単一の原産国から選んだ質の高い豆のみを使用したもの。
  • 絶滅を回避するため、現在原産国では環境の整備や捕獲作戦が計画されている。
  • 例外としては、本種の両親種の原産国であるオーストラリアでは作業犬としての作出が行われている。
  • アメリカでは、原産国であるドイツをはるかにしのぐ頭数が飼育されている。
  • 原産国とされるメキシコ合衆国では、「ノーチェ・ブエナ」と呼ばれる。
  • 現在も実用犬として多く使われているのは原産国ハンガリーとアメリカ合衆国だけであるともいわれている。
  • 今日は原産国のスイスでもかなり希少な存在になっており、まずその姿を簡単に見ることはできない。
  • ヨーロッパ圏ではよく見かけることができる犬種であるとされていて、原産国でも人気があり親しまれている。
  • まだFCIには公認されていないが、原産国オランダやヨーロッパ各国で高い人気を得ている。
  • 次へ »