原産の犬

70 の用例 (0.00 秒)
  • オッタードッグは、イギリスのイングランド原産の犬種のひとつである。
  • 基本的に地域原産の犬種であるため、他の国や地域では全く飼育されていない。
  • タルマ・ハンティング・ドッグは、ブラジル原産の犬種のひとつである。
  • 北欧原産の犬種であるため寒さには非常に強いが、その分暑さは苦手である。
  • ただし本種は確かに中国原産の犬種の血を引いていることが証明されたため、改名などは行われなかった。
  • セント・ジョンズ・レトリーバーは一般的にはカナダ原産の犬種として知られている。
  • レッド・デコイ・ドッグとは、イギリスのイングランド原産の犬種である。
  • ボヘミアン・スポテッド・ドッグは、チェコ原産の犬種のひとつである。
  • 日本での愛称はポリッシュであるが、海外では他のポーランド原産の犬種も著名であるため称されていない。
  • スタッフォードシャー・ブル・テリアはイギリス原産の犬種である。
  • チャイニーズ・フー・ドッグとは、中国およびアメリカ合衆国原産の犬種である。
  • ポルトガル原産の犬種としては最古のもののひとつで、およそ6世紀ごろには既に犬種として存在していたのではないかとも言われている。
  • シャイロ・シェパードとは、アメリカ合衆国のニューヨーク州原産の犬種である。
  • この両国原産の犬種は正式な英名が無く、クという非常に砕けた犬種名を持っている。
  • ノーザン・イヌイット・ドッグとは、イギリスのイングランド原産の犬種である。
  • コンキーは、チベットの南東部、コンボー地域原産の犬種のひとつである。
  • プレーンズ・インディアン・ドッグとは、北米大陸原産の犬種である。
  • ショートレッグド・インディアン・ドッグは、北米大陸原産の犬種である。
  • アフリカニスは多くのアフリカ原産の犬種の先祖にもなり、時間をかけてゆっくりと改良され、品種化された。
  • 今は絶滅してしまったイギリス原産の犬種、ターンスピットのように肉を火であぶるための機械を動かすためにも使われていたのである。
  • 次へ »

原産の犬 の使われ方