原産の植物

36 の用例 (0.00 秒)
  • オーストラリア大陸原産の植物で、栽培植物となった唯一のものである。
  • 南アメリカ原産の植物だが、現在では世界の熱帯域に広く帰化している。
  • 身近な花木のほとんどは、日本や中国などの東アジア原産の植物である。
  • 中国原産の植物で、古く室町時代に渡来し、観賞用として栽培されてきた。
  • 北アフリカ原産の植物で、葉は青しそに似た形をしている。
  • かつてイワブクロ属であると考えられていたアジア原産の植物は、現在ではPennellianthusという別の種類に置かれている。
  • 植物は小さく描かれているが植物学的にきわめて正確であり、北方ヨーロッパ原産の植物なのか地中海地方原産の植物なのかを判別することができる。
  • 西アジアからヨーロッパ原産の植物で、明治頃から栽培されていたものが日本全国の水辺や湿地、水田脇に野生化している。
  • クテナンテ属は熱帯アメリカ原産の植物のグループである。
  • クズ属は、アジア原産の植物15〜20種 からなる属である。
  • 日本ではセイヨウトウキがあまり栽培されていないため、日本原産の植物であるフキの葉柄をシロップ煮にして用いる。
  • アフリカ熱帯地域原産の植物で非常に多くのバリエーションを持ち、アフリカ全土に分布し自生している低木種のみでも50種類以上が分布している。
  • 熱帯原産の植物であるため寒さに弱く、氷点下になると枯れる。
  • ベゴニア属にシュウカイドウという中国原産の植物がある。
  • ほとんどが熱帯・亜熱帯原産の植物のため、冬は室外に置かず、室内の温度も氷点下にならない程度にする必要がある。
  • 熱帯原産の植物であるため、高温を好み、氷点下では葉が損傷する。
  • そのうち約40種は初出で、トウモロコシやトマトなどアメリカ原産の植物も5種収録されている。
  • 椿は、渡来種ではなく、珍しく日本原産の植物である。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • チャノキは亜熱帯原産の植物であるため寒さには弱く、日本国内では宮城県が北限とされるが、気候変動の影響もあり絶対的な基準ではない。
  • なお、日本語では「和」がらしと日本固有の食材であるかのように呼称するが、カラシナはもともと中央アジア原産の植物であり、香辛料としてのからしもインドや中国を経由して日本に伝わったものであると言われている。
  • 次へ »