原理

全て 名詞
10,697 の用例 (0.02 秒)
  • この原理による経済活動の成長期には、企業は資金を大量に必要とした。 片岡義男『日本語の外へ(下)』より引用
  • 之はやがて近代自由主義とデモクラシーとの哲学的原理となったものだ。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • これによってこの自由競争の事実は利益の原理または利益の準則となる。 ワルラス・マリー・エスプリ・レオン『純粋経済学要論』より引用
  • 今日の世界史的課題の解決が我国体の原理から与えられると云ってよい。 西田幾多郎『世界新秩序の原理』より引用
  • だが自然科学に於ても原理上決して本当の理想状態などは抽出され得ない。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • そのはじめのほうには、原理や構造や開発の歴史などが書かれている。 星新一『きまぐれ博物誌・続』より引用
  • 私はどうしても人間そのものの改造を革命の第一原理として考えたいのです。 賀川豊彦『空中征服』より引用
  • 市場原理というのはそういうものだから、これはしようがないんですね。 米原万里『ガセネッタ&シモネッタ』より引用
  • 生徒が料理を稽古けいこする前に先ずその原理としてこういう事を教えられる。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • まして完全な分類にとってこの分類原理を欠くことは絶対に許されない。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • そこで実用主義は現代の多くの「生の哲学」と共通の原理に立っている。 三木清『哲学入門』より引用
  • しかし我々の真の実践的自己、歴史的行為的自己の自覚の原理ではない。 西田幾多郎『デカルト哲学について』より引用
  • それは、ベエンダーが通常は人の目に捉えられぬのと同じ原理であった。 ベニー松山『終末をもたらす者 (Sa・Ga FrontierⅡ)』より引用
  • これは大部分『人口論』の一般諸原理を現在の事態に適用したものである。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 自然界を支配する経済の原理がここにも現われているのであろう。 寺田寅彦『藤棚の陰から』より引用
  • これらの価値的判断には、これが標準となるべき別の原理がなければならぬ。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • だが彼は何故に歴史的原理と論理の問題とを回避しなければならなかったか。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • かかる世界の基礎の相違が学問分類の原理とならねばならぬのが今の場合である。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • 数学の場合には公理、物理学の場合には原理といわれるものがそれである。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • そうしなければ内容的・現実的・原理が否定されて了うからである。 戸坂潤『イデオロギーの論理学』より引用
  • 次へ »