原料

全て 名詞
6,656 の用例 (0.02 秒)
  • 原料の種類も七種に限らず、客の求めに応じて減じたり増したりできる。
  • 原料がそれぞれちがうし、匂いをつけたのもあればつけてないのもある。 開高健『新しい天体』より引用
  • 皮脂はそのころの痛み止めの原料として薬局方で広く使われていたのだ。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • 毒性物質のいくつかは原料や反応の中間体など様々な形で利用されている。
  • 調合に用いる副原料は生産者によって異なるが、以下がよく使用される。
  • 電気がつかないし、仕事の原料がもう他の工場から送ってこないのであった。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • あなたの社の原料阿片のなかには、そろそろその二カ年になる品がある。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • アルコールの原料は発酵させる前に人の口に入っていたような時代だった。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 蚊取り線香の原料は除虫菊じよちゆうぎくで、明治二十年頃に外国から輸入されている。 吉村昭『事物はじまりの物語』より引用
  • 一方、紙の原料不足については、特に19世紀には大きな問題となった。
  • それはすべて、原料の一次的加工物としかいえないようなしろものだった。 光瀬龍『墓碑銘二〇〇七年』より引用
  • それを購入して原料に使えばいいとはいうものの、事実上は不可能だった。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 生蕎麦屋の蕎麦の原料も、ほとんどはアフリカなど外国産だといわれた。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • この原料の問題の解決は、その会社の最も生産量に影響を及ぼすのだ。 横光利一『上海』より引用
  • 日本にある原料を使って何か新しい物を発明すればいいじゃないか? 永井隆『この子を残して』より引用
  • 約十万石の米しか出ないが、この米が池田伊丹の酒の原料となるのである。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 2 20060303』より引用
  • あるいはヨーロッパで使われている原料と違って規定の能力が出ない恐れもあった。 橋本克彦『日本鉄道物語』より引用
  • 酒の原料であるコウリャン畑が無事でありえたのは王虎の努力のおかげである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 星は他社が「原料をいっしょに買ってくれ」と言ってくるかと思っていた。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • こいつが一九一三年に原料と機械に三十八億四千万ルーブリ出した。 宮本百合子『ズラかった信吉』より引用
  • 次へ »