原宿

全て 名詞
1,214 の用例 (0.02 秒)
  • いずれも原宿の高級ブティックとして知られた店の名の入った袋である。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 彼らが新宿や六本木や原宿へ集まったのも、格好をつけるためであった。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 確かに原宿から麹町まで歩いところで彼の脚ならば大した距離ではない。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • おまえのスピードは原宿で経験済みだが、今度はこっちにも用意がある。 菊地秀行『トレジャー・ハンター12 エイリアン魔神国 下』より引用
  • 地方に住んでたって東京タワーや新宿や原宿のことぐらいは知ってるし。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 同年に東京・原宿で設立された音楽出版社・アート音楽出版の社員になる。
  • 原宿の小さな温泉マークに鋭一は数度、啓子を連れていったことがある。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • その意味では、原宿こそほんとうの大人の町ヽヽヽヽといえないこともないのである。 山田正紀『ふしぎの国の犯罪者たち』より引用
  • このホームが使用される際のみ原宿駅は運転取扱駅へと一時的に昇格する。
  • 少なくとも原宿がこの十五年間で変わったほどには、変わってはいなかった。 樋口有介『風の日にララバイ』より引用
  • 東京・原宿のビッグトップをはじめ、全国の各都市で開催されている。
  • 表通りからちょっと細い道に入ると、ここが原宿かと思うほど静かになる。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • だから、原宿に、と言えば今、彼女は何をするか百も承知な筈だった。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • 週に一回、大学へ講義にいくが、午後の大半は原宿の事務所のほうへ行く。 渡辺淳一『ひとひらの雪(上)』より引用
  • 海軍館は、かつて東京・原宿にあった大日本帝国海軍の記念館である。
  • 霧香は原宿で占い師を営む女性で、その正体は鏡の妖怪、雲外鏡である。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • 伊織は久しぶりに青山のマンションから原宿の事務所まで歩いていった。 渡辺淳一『ひとひらの雪(上)』より引用
  • この頃から、六本木は原宿にさきがけて、若者の街ということになった。 野坂昭如『東京十二契』より引用
  • だが、新宿や原宿は若者の町としてあまりにも有名になりすぎた。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • だから、女の子には休日に買い物に行く時は原宿にしろと言ってるんです。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 次へ »

原宿 で始まる単語