原始的な本能

17 の例文 (0.00 秒)
  • 原始的な本能を一つのこらずさらけ出した人間の姿が描かれていたんですな。 ...
  • 私は家庭というものを、成文化された憲法のない原始的な本能の園だと思っている。 ...
  • キャリオン・クロウラーは捕食と繁殖という原始的な本能で活動している。 ...
  • 存在を許せない、人間としての原始的な本能に従ったのさ。 ...
  • それは理念や思考では説明できない、体の奥底に息づく原始的な本能の叫びであったのだろう。 ...
  • 完全な闇の底でのラブハントゲームは、参加者に原始的な本能を呼び覚ましたようである。 ...
  • 霊長れいちょう類だと威張いばってみたところで、所詮しょせん、人間も原始的な本能にはかなわないってことだろうか。 ...
  • やがてジンクレールは、原始的な本能が自分自身のなかにも生きていることを知らされる年ごろになる。 ...
  • 戦争に対する恐怖の第一は、生理的な死へのおそれ、自我の消滅に関する原始的な本能だったろうが、第二に、僕の場合には、人を殺すことの怖れも同じ程度に混り合っていた。 ...
  • そのころの私にとって、嫉妬という感情は生きている限り、決して認めたくない、いやらしい下卑げびた原始的な本能丸出しのものだった。 ...
  • 食べるという行為にひそんでいる原始的な本能の力強さがめざめて、他の対象にまで見境なく破壊衝動が伝染してしまうのだ。 ...
  • ところが虎が虎視眈々こしたんたんと待ち伏せしている場所から狙いをつけていたら、それこそ原始的な本能が完全に退化してでもいない限り、あなたはやがてこそこそとあたりを窺いはじめ、漠然としたいわれなき恐怖に襲われるようになるだろう。 ...
  • 個人の人生の過程と関連した不快な記憶や情動、感情を混乱させる幼児期の外傷体験や原始的な本能を抑圧する領域であると同時に、幸福な記憶、芸術的な体験、創造活動の材料の宝庫ともなる、人間の心的活動の大部分を支配する、広大な活動領域である。 ...
  • 理屈では推しはかれないことだが、多分、原始的な本能のせいか、彼女は動物を捕え、食べてしまう植物を、ことのほか嫌悪していた。 ...
  • コナンは、文明人の間に長くまみえながら、その剛直さをいささかも軟化させず、原始的な本能のすべてを弱めていない。 ...
  • 一部の飼い主が小竜の〝原始的な本能〟、たとえば空腹や不安、怒り、そして激しい交合衝動を感じとれることは、ベイも理論的には知っていた。 ...