卸売市場本場

16 の用例 (0.00 秒)
  • 地上駅で、名古屋市中央卸売市場本場の中にプラットホームが設置されていた。
  • 戦前には阪大病院や大阪市中央卸売市場本場なども建設された。
  • 大阪市中央卸売市場 本場は、大阪府大阪市福島区にある大阪市中央卸売市場の3市場のひとつ。
  • 町内のほとんどが横浜市中央卸売市場本場となっている。
  • 大阪市中央卸売市場本場は1931年3月に整備を完了した。
  • 海岸線の殆どは埋立地で、京浜工業地帯の一部であり、多数の工業施設や、横浜市中央卸売市場本場、横浜郵便集中局等の横浜市を支える施設が集中している。
  • この公園内からは、一部横浜市中央卸売市場本場内に位地する台場の先端部分までを確認することができ、かなり広範囲に渡る遺構を確認することができる。
  • 反対に、「玉川」「野田」の南部は下福島の一部を含んでおり、大阪市立下福島中学校や大阪市中央卸売市場本場が所在する。
  • 横浜市中央卸売市場本場などがある一角を挟んで横浜駅東口エリアにあたるポートサイド地区が近距離にあるが、本場およびポートサイド地区まで徒歩で行く場合には、後述のように歩道が未整備のため内陸側を遠回りしなければならず、若干時間がかかる。
  • その路線は地上で2つの路線に分かれ、片方は大阪市中央卸売市場本場の中にあった大阪市場駅へ向かう貨物支線、もう片方は三菱ガス化学大阪工場や福山通運大阪流通センター、レンゴー淀川製紙工場などへ向かう専用線となっていた。
  • 東高島駅構内の北端付近から分岐する貨物支線の終点にあった地上駅で、横浜市中央卸売市場本場の水産物部卸売場の南側に3本の側線が引かれ、北側の線路に接してプラットホームが置かれていた。
  • 野田駅からはかつて、大阪環状線の外側から高架を下って直進方向に進んで三菱製紙などに至る専用鉄道と、大阪環状線をくぐって大阪市中央卸売市場本場に至る貨物支線が分岐していた。
  • 埠頭施設としては、現在ではリサイクル資源の集積・輸送拠点となっている「山内ふ頭上屋」と荷さばき地がある程度で、これ以外の大部分を横浜市中央卸売市場本場と前述のコットンハーバー地区が占めている。
  • また、横浜市中央卸売市場本場とも比較的近距離となっており、港湾部の水際線を挟んで対岸にはみなとみらい地区を望める。
  • 日比野駅からは、名古屋中央卸売市場本場敷地下を経由し、堀川をくぐって、名鉄・JRの各金山駅をぬけ、金山駅に至る。
  • みなとみらい地区から山内埠頭、瑞穂埠頭方面を結ぶ整備計画では2008年12月1日、同地区と横浜市中央卸売市場本場を結ぶみなとみらい橋、中央卸売市場とコットンハーバーを結ぶコットン大橋が開通、既に供用されていたコットンハーバーと瑞穂埠頭方面を結ぶ連絡橋には瑞穂大橋という名称が付いた。

卸売市場本場 の使われ方