即興

全て 名詞
2,262 の用例 (0.02 秒)
  • 即興劇においてはしばしばこの第四の壁という概念への妥協が発生する。
  • その戯曲の第三幕第十三場でシラノが即興詩で月に行く方法を披露する。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • こういった点はジャズの即興性の中に最も顕著に示されている筈である。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • 彼らはまず最初に即興的な演奏を行い、1996年には歌を書き始めた。
  • 君も私も、生を即興で演じなければならないという厳しい現実の中にいる。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • 私がその即興劇に参加するためにわざわざ東京から来たものと思ったらしい。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • コーナーにもお色気のあるものが多くそのほとんどは即興的なものだった。
  • それから始まった即興劇の数々は、まことにおどろくべきものであった。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • そして、心の中ではその人の会話とは全く別の即興詩を歌っていたのである。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • ヴスティン作品の録音にユーリが起用されて即興演奏を行うこともある。
  • 即興でテーマと曲のタイトルに合った歌を作り、発表するというもの。
  • 私の即興詩の題は誰でも紙きれに書いて私に渡してよいことになっていた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • その次のステップは即興、演奏中にその場で何かを作り出すことである。
  • 私は院生アバテであり、即興詩人としてローマでもいくらか名を知られていた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • 私たちの下の部屋では、農夫が酒を飲みながら即興の歌を歌っていた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • 私は即興演奏をしてから、ヴァイオリンとの二重奏曲を三曲ひきました。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • 最初に筋の発展といふことを云つたが、それは即興劇の本体ではない。 岸田国士『職業(教訓劇)』より引用
  • さて、一般的にジャズというと、即興演奏だというイメージがあるよね? 西風隆介『神の系譜Ⅱ 真なる豹』より引用
  • その場かぎりの即興であったが、これが本人そのもののようにうまくできた。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 問題の即興劇を演じたグループのうち、二人の学生俳優が殺された。 津野海太郎『小さなメディアの必要』より引用
  • 次へ »