危険

全て 名詞
48,383 の用例 (0.02 秒)
  • 危険な仕事は出来るだけ早く切り上げて、オルタの町へ帰って来てくれ。 丘丘十郎『地球発狂事件』より引用
  • いかなる危険な場合にあっても、一種の楽しみをもって身をさらしていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • わたしの心臓しんぞうは、まるでそこになにか危険きけんがせまったようにどきついた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • この二つの出来事を、そんなに連続して起こすことに危険を感じないのかい? ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』より引用
  • 僕には全くこの上にも、危険が取りのこされていることに気がついた。 三上於菟吉『空家の冒険』より引用
  • 一番恐ろしい毒でも、もし皮膚が破れさへしなければ危険はないのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 私は、私たちがいま生命の危険におびやかされているとは考えません。 海野十三『宇宙戦隊』より引用
  • 工場が工場なだけにこれらの組織が作られ易い危険な条件をそなえている。 小林多喜二『党生活者』より引用
  • 一番いい時でも、いつどんな変化があるか分からない危険な場所だ。 ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』より引用
  • しかし雪のよく降る日ならここから上が最も危険なところであろう。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • しかし兄が非常な危険に直面しているらしい事は充分にわかります。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • それで、彼はほとんど発見される危険もなしに庭を見おろすことができた。 ホーソーン・ナサニエル『世界怪談名作集』より引用
  • 本艇は果してこの危険圏を安全に通りぬけることができるであろうか。 海野十三『火星探険』より引用
  • 私が危険を脱したと知つたら、母は安心して死ぬ事が出来るといふのだつた。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 四十度の大熱が続いて、今が一番危険な時だとお医者さんが仰有った。 甲賀三郎『愛の為めに』より引用
  • 然し野々宮の落付きが、危険のなさを女達に伝えることはできたらしい。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • どんな危険を冒しても、吾々はボートのへさきをまっすぐに上陸地に向けた。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • するとそれが、なにかドイツ領事に危険なものに見えたのでしょうか。 小栗虫太郎『「太平洋漏水孔」漂流記』より引用
  • ド・ロマが此の危険な実験をやつたのもその事を証拠立てるためなのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 相手のために危険であるというよりか君自身のために危険だ。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 次へ »