危険運転致死傷

58 の用例 (0.00 秒)
  • この事故では少年が危険運転致死傷罪にあたるかが争点となった。
  • 危険運転致死傷罪は一定の危険な状態で自動車を走行・運転し人を死傷させる罪である。
  • 危険運転致死傷罪も同法に移行して規定された。
  • 前年に発生した東名高速飲酒運転事故も受け危険運転致死傷罪の成立に大きく影響した。
  • 被害者側も罰則の重い危険運転致死傷罪の適用を求めた。
  • 事故はマスコミ等で大きく取り上げられ、それが危険運転致死傷罪の成立に大きく影響した。
  • 危険運転致死傷罪は、自動車の危険な運転によって人を死傷させた際に適用される犯罪類型である。
  • これらの薬剤の影響下で自動車を走行する行為により人を死傷させた場合、危険運転致死傷に問われる。
  • Aは危険運転致死傷罪と道路交通法の救護義務違反で起訴された。
  • 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第2条および第3条の危険運転致死傷に規定がある。
  • 危険運転の一つに分類され、相手を事故・死傷などに追いやった場合は危険運転致死傷罪が適用され厳罰に処される可能性がある。
  • 刑法に規定された期間においては、危険運転致死傷罪は行為の態様により講学上5つに細分されていた。
  • その後法務省は危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の中間罪の法案を公表した。
  • 二審の福岡高等裁判所は危険運転致死傷罪を認定し、道路交通法違反と併合して懲役20年の判決を下した。
  • これには遺族が望んでいる持病を有する状態での運転で生じた事故を適用条件に入れているが、遺族らは、中間の罪が新設されたことにより逆に危険運転致死傷罪の適応が見送られるケースが増える可能性を指摘する声もあった。
  • 危険運転致死傷罪の民主党の法案提案者でもある。
  • 自動車の運転で信号無視して人身事故を起こした場合は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第2条第5号により、危険運転致死傷に問われる。
  • 上記のような適用条件の難しさを受け法務省は自動車運転過失致死傷罪と危険運転致死傷罪の中間罪を創設する法案を公表した。
  • このため、ひき逃げの増加は危険運転致死傷罪による厳罰を恐れたからこそであるとの指摘もあり、これ以上の罰則の強化は逆効果であり厳罰化だけでは予防にならない、などの批判も多い。
  • 危険運転致死傷罪の構成要件は、運転行為の中でも特に危険性の高いものに限定されているため、前記した居眠り運転や単なる速度超過などでは適用対象にならなかったり、または適用如何が裁判で争われることがある。
  • 次へ »

危険運転致死傷 の使われ方