危険球退場

16 の用例 (0.00 秒)
  • この年新規定になって初めての危険球退場者であった。
  • しかしこの試合でいきなり桧山進次郎に頭部死球を与え危険球退場、ほろ苦いデビューとなった。
  • はシーズン序盤の危険球退場をきっかけに2軍落ちし、1軍での登板はわずか4試合に終わった。
  • しかし、6月2日の対西武ライオンズ戦で高山久に頭部死球を与えて初の危険球退場となった。
  • 田中は西村を危険球退場、グラッデンとヤクルトの捕手中西親志を退場とした。
  • その復帰戦では、初回先頭打者のイアン・キンズラーに死球を与え、2球で危険球退場となった。
  • しかし5月から調子を崩し、7日の阪神戦では3回途中金本知憲への頭部死球で危険球退場となる。
  • これ以降も勝負どころでの起用が続いたが、9月14日の千葉ロッテマリーンズ23回戦では、1球で危険球退場になるなど不安定な面も見せた。
  • プロ初登板で危険球退場になったのは、9月1日の小林正人、4月18日の矢地健人である。
  • その後は先発とリリーフで登板していたが、8月4日のソフトバンク戦で5回表に細川亨へ顎に死球を与え危険球退場となった。
  • この後西村への報復死球、グラッデンへのビーンボールなどでたて続けに大乱闘が起こり、この事が危険球退場ルールが作られるきっかけとなったと言われている。
  • また危険球退場となった西村は翌シーズン開幕前にトレードとなってしまった上、この乱闘が原因で内角を抉るシュートが投げられなくなり成績が低迷、グラッデンはこの年で引退、中西もこの年以降一軍出場なしのまま96年引退と、皮肉な結末になってしまった。
  • 通算3回の危険球退場は、桑田真澄・内海哲也と並ぶプロ野球タイ記録である。
  • 開幕からウエスタン・リーグで安定した投球内容を見せたが、一軍には昇格出来ず、シーズン終了直前の9月18日対ロッテ戦でシーズン初登板を果たすが、里崎智也に頭部死球を与えて危険球退場処分となり、その後は登板機会がなかった。
  • 同年7月26日にメジャー初昇格し、同日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たしたが、5回にチェイス・アトリーとライアン・ハワードに連続死球を与え、危険球退場となった。
  • また1球で危険球退場になった投手として、6月17日の高井雄平、4月30日の岩瀬仁紀、8月2日の有銘兼久、9月16日の甲藤啓介、4月24日の松井光介等がいる。