危険物

634 の用例 (0.01 秒)
  • 海上保険においては危険物を輸送する場合の危険度を判断する指標としても用いられる。
  • 市街地の中を通って危険物を輸送する作業であったが、特に事故は発生しなかった。
  • 原動機の出力や危険物の保管量などにも制限を受ける場合がある。
  • しかし危険物任務に関しては、これに対応できる特殊部隊を持っている自治体は少ない。
  • より危険な危険物はより少ない量が指定数量となっている。
  • 危険物の中で唯一、一部を取り扱う事のできる丙種資格が存在する。
  • 危険物ではなさそうだけど、何とも言えない胡散臭さは確かにある。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • いかにメガトンダイナマイト級の危険物きけんぶつといえども見られなければ問題はない。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第11巻』より引用
  • この大きさ以内であっても危険物については認められない。
  • それに、いつ爆発するかわからない危険物を抱えて暮らしているよりどんなに安心かしれないわ。 三浦哲郎『愁月記』より引用
  • 引火性液体であり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 法律は、わが国における最大の危険物であり、しかも数百年の骨董だ。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • 可燃性液体であり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 危険物が通りの喧騒けんそうにも負けないくらい、鋭い声でそう聞いた。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • 危険物や危険人物が自国を出ていくことに、チェックの必要はないと考えるのだ。 樋口有介『楽園』より引用
  • 危険物のように言われるのは納得できない。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 極めて酸化されやすく空気中で自然発火するため危険物第3類に分類されている。
  • 危険物積載車両は次の海底トンネルが存在するため、通行ができない。
  • 日本における法定分類は、感染症法と国際連合危険物輸送勧告である。
  • 一旦引火すると消火は非常に困難なため、特に規制の厳しい危険物の一つである。
  • 次へ »