危険物輸送勧告

22 の用例 (0.00 秒)
  • 下記の<>内は対応する国連危険物輸送勧告書の英語とその直訳である。
  • 日本における法定分類は、感染症法と国際連合危険物輸送勧告である。
  • 国連危険物輸送勧告とそれに基づく各モードの規則はすべて輸送安全に限定されたものである。
  • 国連危険物輸送勧告で対象としている危険性と同じである。
  • 特定病原体等でなくとも、国連危険物輸送勧告の対象であれば表示が必要となる。
  • 国連危険物輸送勧告はほぼすべての輸送形式における輸送中の危険な状況が想定されている。
  • IMDGコードは国連危険物輸送勧告を基にして定められている。
  • この定義は国際的な輸送危険物に関する規則のおおもとである国連危険物輸送勧告にも一致する。
  • 国連危険物輸送勧告における危険物と、日本の消防法における危険物の定義が異なることに注意が必要である。
  • 国連番号とは国連経済社会理事会に設置された危険物輸送専門家委員会の国際連合危険物輸送勧告の中で、輸送上の危険性や有害性がある化学物質に付与された番号である。
  • 日本を除く主要国では、海上輸送、道路輸送、航空輸送、鉄道輸送の各輸送モードはすべて国際連合危険物輸送勧告に準拠して各国法を定め運用しており、日本においても陸上の輸送を除いて全てそれに準拠している。
  • 国際的には国連危険物輸送勧告に基づく分類、あるいは、それを基にしたGHSで危険物が定義されていることがこの「危険物」の他言語のWikipediaをみるとよくわかる。
  • ただし、日本でも航空輸送、海上輸送ではこの国連危険物輸送勧告を踏襲しており、この国連危険物輸送勧告をベースにして構築されたGHSについては日本でもそのまま導入されているので、労働現場や製品ラベル・MSDS等ではこの分類をよく見かけるようになってくることが予想される。
  • 国連危険物輸送勧告を根本とする日本法規には船舶による危険物の運送基準等を定める告示や航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示などがある。
  • 日本の法令では、感染症法で特定病原体等が指定され、また危険物船舶運送及び貯蔵規則・航空法施行規則が準拠する国際連合危険物輸送勧告により指定感染性物質が定められている。
  • 輸送にあっては、上記特定病原体等のほか、国際連合危険物輸送勧告に定められた「病毒を移しやすい物質」を輸送する際は、危険物船舶運送及び貯蔵規則・航空法施行規則に従って包装・輸送しなければならない。
  • それは、消防法において陸上で自動車による危険物の輸送を規制しており、海上での輸送については国連危険物輸送勧告や国際条約等に従っている船舶安全法に基づく「船舶による危険物の運送基準等を定める告示」により、危険物が定義・規制されている。
  • 航空輸送や海上輸送の場合は国際連合による国連危険物輸送勧告に基づいた「危険物」の概念が日本でも「危険物船舶運送及び貯蔵規則」及び「航空機による爆発物等の輸送基準を定める告示」並びに「航空機による放射性物質等の輸送基準を定める告示」において適用されている。
  • 例を挙げると、消防法では引火点250以下の液体を危険物第4類の引火性液体としているが、国連危険物輸送勧告では引火点が60以下の液体を危険物クラス3の引火性液体としている。
  • 汚染資料の搬出時は三重包装等、国連危険物輸送勧告に従った包装・表示を施してから搬出する。
  • 次へ »

危険物輸送勧告 の使われ方