危険物第

88 の用例 (0.00 秒)
  • また、消防法においては危険物第四類の第一石油類として規制を受ける。
  • 可燃性があり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 引火性液体であり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 可燃性液体であり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 極めて酸化されやすく空気中で自然発火するため危険物第3類に分類されている。
  • 引火性があり、日本の消防法では危険物第4類・第2石油類に分類される。
  • 日本では消防法により危険物第4類の引火性液体に分類されている。
  • 引火性が強く、日本の消防法では危険物第4類・第1石油類に分類される。
  • また日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 可燃性を持ち、消防法により危険物第4類の第3石油類に指定されている。
  • 日本では、消防法により危険物第四類に指定されている。
  • また消防法により、硝酸塩類として危険物第1類に指定されている。
  • また日本では消防法で危険物第4類に指定されている。
  • そのため映画館や写真館の火災保険が高価であった程で、危険物第5類に指定されていた。
  • 日本では消防法により危険物第4類引火性液体に指定されている。
  • このほかにも危険物第4類に該当するものは少なくない。
  • 日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 日本国内では消防法により危険物第1類に指定される。
  • 日本の消防法により、危険物第4類・第二石油類に分類される。
  • 日本の消防法では危険物第4類第2石油類に指定されている。
  • 次へ »