危険物積載

73 の用例 (0.00 秒)
  • 地下区間の距離が短いため、危険物積載車両の通行規制は行われていない。
  • 危険物積載車両は次の海底トンネルが存在するため、通行ができない。
  • トンネルの長さが5km以上あるため、危険物積載車両の通行はできない。
  • 水底トンネルであるため、深夜を除いて危険物積載車の通行は禁止されている。
  • 群馬・新潟県境にある関越トンネルは、危険物積載車両は通行できない。
  • 水際にあるため安全上危険物積載車両の通行が禁止されている。
  • そのため、第三京浜方面からの危険物積載車両はこの出入口で出るように案内されている。
  • また、危険物積載車も安全上の理由から通行不可となっている。
  • なお、大型車と危険物積載車両の通行は禁止されている。
  • 旭川・久保田城外堀の河川下を通過するため、危険物積載車は通行できない。
  • 八代JCTからえびのICの区間は、危険物積載車両の通行は禁止されている。
  • このため危険物積載車は国道156号、国道304号を利用して迂回する必要がある。
  • 当トンネルは車線変更禁止となっており、危険物積載車両など制限速度を厳守する車両がいると流れが悪くなる。
  • 路線バス以外の大型自動車・特定中型自動車・自動二輪車・原動機付自転車および危険物積載車両の通行が禁止されている。
  • トンネル延長が5000mを超えているため危険物積載車はこのトンネルを通行できないので注意が必要である。
  • 同トンネルは危険物積載車両通行禁止のため、当該車両は本出口で強制流出となる。
  • 大井PA方面は近くに東京港トンネルという海底トンネルがあるため危険物積載車両の通行ができない。
  • 危険物積載車両は千代田トンネルを通過できないため、美女木方面から三宅坂方面に行くことはできない。
  • 危険物積載車両は通行禁止となっている。
  • 海底トンネルのため、道路法の規定によりタンクローリーなどの危険物積載車両は通行できない。
  • 次へ »