危険物ローリー

5 の用例 (0.00 秒)
  • 非危険物ローリーには特に規定はない。
  • 断面の形は危険物ローリーや非危険物ローリーは基本的に横に長い楕円であり、圧力封入が必要である場合は真円が使われる。
  • 非危険物ローリーは保冷・保温材付または加熱装置付タンクなど特殊構造が多く存在している。
  • タンクの構造は危険物ローリーは裸タンクがほとんどであるが、特殊構造として保冷・保温材付のもの、また常温での取り扱いに向かない積み荷の場合では、冷却、加熱装置付タンクも存在する。
  • 消防法で規定される危険物を運搬する危険物ローリー、毒物、飲料水、食品、セメントを運搬する非危険物の粉粒体運搬車ローリー、高圧ガスを運搬する高圧ガスローリーなどに分かれる。