危険物

634 の用例 (0.01 秒)
  • 僕が手にしている、とある事情で借りていた危険物を見て皆がく。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • その中に危険物が入っているかもしれないなどと、考えたりはしない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • また、消防法においては危険物第四類の第一石油類として規制を受ける。
  • この分類は消防法の危険物分類と必ずしも一致しないので注意が必要である。
  • 危険物過ぎて一生保管して、私だけの秘密にすることになりそうです。 川上稔『『SATIE日誌』 [小説] [都市シリーズ] web作品』より引用
  • 発射場では大量の火薬類や危険物を扱うため、十分に広い土地を必要とする。
  • 保安距離とは危険物や爆発物が発火・爆発した場合に被害が及ぶ範囲である。
  • 熱や衝撃により爆発することがあり、消防法による危険物に指定されている。
  • 危険物とは、対象に危険を及ぼす可能性を秘めた本質を持つ物である。
  • 地下区間の距離が短いため、危険物積載車両の通行規制は行われていない。
  • 高い反応性を持つため、金属セシウムは消防法で危険物に指定されている。
  • 水と激しく反応して水素を発生するため、危険物に指定されている。
  • 危険物から連れまわされていた、というのが正確なところであろう。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • テロ活動以外には、危険物の火災、事故などを想定した訓練が行われる。
  • 完全に消去した上で危険物として捨てたのか、あるいは庭の土の下に埋めたのか。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 強い揮発性と引火性があり、消防法危険物の第四類に指定されている。
  • 下記の<>内は対応する国連危険物輸送勧告書の英語とその直訳である。
  • 可燃性があり、日本では消防法により危険物第4類に指定されている。
  • 竜児は一人無理やりに納得し、その危険物をそっと鞄に戻そうとした。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第01巻』より引用
  • 日本曹達の運輸部門の分社化により発足し、危険物・毒劇物を中心に扱う。
  • 次へ »