危険人物

342 の用例 (0.00 秒)
  • あの男は危険人物と接触しておりますからね。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 危険思想を持った人物の事は危険人物と呼ぶ。
  • 彼等は危険人物たる私に少しも気がつかないように見えた。 大岡昇平『野火』より引用
  • お前さんの言うとおりにナルが危険人物だというならなおさらだ。 小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』より引用
  • あのような危険人物は一刻も早く抹殺まつさつせねばなりませんからな。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 危険物や危険人物が自国を出ていくことに、チェックの必要はないと考えるのだ。 樋口有介『楽園』より引用
  • 日本政府は嵐山ともえを危険人物に指定し排除の方向を見せ始めた。
  • 商店街に知れ渡っているのだろう、最重要危険人物の名前が。 田口仙年堂『吉永さん家のガーゴイル 第01巻』より引用
  • 疑いの目で見られている危険人物だ。 三浦綾子『銃口』より引用
  • どちらかというと、普段ふだんのお前の方がはるかに危険きけん人物だよ! 葵せきな『生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2』より引用
  • 僕はエジソンという発明家を、世界の危険人物だと思っています。 太宰治『惜別』より引用
  • 真九郎の心情を配慮してか、あるいはよほどの危険人物なのか。 片山憲太郎『紅 第03巻 ~醜悪祭~ (上)』より引用
  • やがて、彼はFBIから危険人物としてマークされ、監視の対象となってしまう。
  • そもそも、こんな危険人物の口から御坂美琴の名前が出てきただけで十分に問題なのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • それよりも、人を見たら危険人物と思え、という風に身構えた方が間違いはありません。 佐竹一彦『ショカツ』より引用
  • わたしは高貴な血と、危険人物とのあいだに生まれたのだ。 桜庭一樹『GOSICK 第1巻』より引用
  • このわたしに何故なぜ、いかなる点でシーザーが危険人物であったかその理由を話してもらいたい。 シェイクスピア/大山敏子訳『ジュリアス・シーザー』より引用
  • まるで私が危険人物みたいじゃないの。 派虎衆『伝説の剣士のつくりかた』より引用
  • 自分が危険人物とみられていることには、侍従長の時代いらい鈴木は馴れていた。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • 同僚たちは、斉木を危険人物視して、一切つき合おうとしてくれない。 城山三郎『逃亡者』より引用
  • 次へ »

危険人物 の使われ方