危険人物と見なさ

7 の用例 (0.00 秒)
  • その後2月革命の際に逮捕投獄されるが危険人物と見なされずにすぐに釈放され、晩年は故郷で教師として静かな余生を送る。
  • しかし、その後もソ連当局からは危険人物と見なされ、1982年2月には家宅捜査を受けた末にトビリシで再び逮捕されたが、無罪となって同年11月に釈放された。
  • アメリカ政府との確執の結果、ラジニーシは、世界各国の政府および既成宗教から危険人物と見なされ、テロリスト同然の扱いを受けるようになる。
  • 慶応2年1月24日、寺田屋に滞在していた龍馬と三吉慎蔵が伏見奉行によって襲撃され捕えられそうなったことがあり、薩摩藩と伏見奉行との間で軋轢が生れ、薩摩側のお登勢も幕府から目を付けられて、危険人物と見なされて牢に入れられかけたこともある。
  • このため、井伊直弼から危険人物と見なされて安政の大獄の容疑者の一人と見なされたが、大学は機先を打って直弼に自首したため、中追放という軽い処分で釈放された。
  • しかし尊皇攘夷に傾倒して京都の公家と関係を持ち、徳川家定の将軍継嗣問題では一橋派に与したため、大老の井伊直弼から危険人物と見なされた。
  • このため、南紀派の井伊直弼による安政の大獄が始まると、直弼から一橋派の危険人物と見なされて藩主の宗城は隠居謹慎、吉見も江戸から重追放処分に処され、宇和島への帰国を余儀なくされた。