危険人物

342 の用例 (0.01 秒)
  • 危険人物だということでロシアの国内にはおれなくなったということだ。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • いやな男だが、同時に最もマークしなければならない危険人物であった。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • 何をするかわからない危険人物のように刑事の眼には映って見えた。 田山花袋『トコヨゴヨミ』より引用
  • 罪だけを裁いて、危険人物を野放しにしては、十分な対応とは思えない。 上野正彦『死体検死医』より引用
  • 事態を見きわめるまで混乱を助長させかねない危険人物は閉じ込めておく。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • まして、女の父は一家心中するとまで云っている危険人物ではないか。 坂口安吾『安吾巷談』より引用
  • あの男が危険人物であることは、私はずっと言ってきましたね。 ガードナー/中田耕治訳『幸運の脚』より引用
  • これからずっと、危険人物としておまえの人生を監視するからな。 遠藤徹『姉飼』より引用
  • そうなれば、もはやラインハルトのような危険人物に用はないのだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • もう一人の危険人物である由乃よしのさんは、自らの手で口を塞いでいた。 今野緒雪『マリア様がみてる 23 くもりガラスの向こう側』より引用
  • 彼はどうやってこの危険人物を止めているのだろう。 雪乃紗衣『彩雲国物語 02 黄金の約束』より引用
  • このままあなたを野放しにしておいたら、あまりにも危険人物になりすぎます。 荻原規子『西の善き魔女5 闇の左手』より引用
  • 急にみんなが、ハーマイオニーを狂った危険人物を見るような目で見ていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • これだけでどれだけの危険人物か予想できると思う。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • もし、医者に見られたら、これは危険人物だと、監禁されてしまうぞ。 泡坂妻夫『毒薬の輪舞』より引用
  • だがこの隊長の見るところ、君はあまり危険人物ではなさそうだ。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 団蔵にしてみれば、佐助は鑑定人に楯つく危険人物ということになる。 平岩弓枝『御宿かわせみ 28 佐助の牡丹』より引用
  • はたから見たら危険人物そのものだったに違いない。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • その人間は、おれがスパイでも、危険人物でもないことを百も承知しているのだ。 アンブラー/田村隆一訳『あるスパイの墓碑銘』より引用
  • 男は自分が危険人物に見えなかったことに失望していた。 柳美里『タイル』より引用
  • 次へ »

危険人物 の使われ方