危険を感じ

889 の用例 (0.01 秒)
  • 確かに記憶には近寄り過ぎてはいけないような危険を感じることがある。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • 薄の親族の犯罪をも捜査したことから、身の危険を感じたためとされる。
  • 彼は、危険を感じて何もないように見えるまわりの暗闇を眺めまわした。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • そうして半世紀前と同じように、日本人に侵略の危険を感じさせている。 和辻哲郎『埋もれた日本』より引用
  • 身の危険を感じたら、あんたの友人と言えども剣を向けるかもしれない。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用
  • 抵抗していなければ、私自身が崩れてしまいそうな危険を感じていた。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 続いてマンションの部屋へかけてみたかったが、危険を感じてやめにした。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • いろいろな意味で身の危険きけんを感じるその目つきに、彼は沈黙ちんもくいられる。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 01』より引用
  • ほかの人はともかく、わたしは生涯これほど危険を感じたことはなかった。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • はじめてトロールの神々と接触したときにも、魂の危険を感じたものだ。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • 彼もまた、アスプロモンテ・ダムの存在に危険を感じていたからである。 田中芳樹『七都市物語 (「扉」最適化)』より引用
  • 飛翔力はあるがあまり飛ぶことはなく、危険を感じた時は走って逃げる。
  • 男は、女が、私に追いかけられているのを知って、危険を感じて殺した。 西村京太郎『悪女の舞踏会』より引用
  • 五歳の時の事故以来、本気で生命の危険を感じたのは初めてでした。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • あのときはきっと何か身の危険を感じるようなことがあつたにちがいありません。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 怪我けがをしたら、元も子もありませんから、危険きけんを感じたらげてください。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅱ 王獣編』より引用
  • 何か言われたら、いきなり全部を自白してしまいそうな危険を感じていた。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • そのため、身の危険を感じた親成は毛利氏に通じ三村氏討伐に協力した。
  • 危険を感じた肉体が細胞レベルで変質し、本来の能力を解放したのだ。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 危険を感じると走って逃げるが、短距離であれば飛翔することもできる。
  • 次へ »

危険を感じ の使われ方