占星術

全て 名詞
1,080 の用例 (0.01 秒)
  • 現在は占星術、心理テスト作成を中心に雑誌・テレビで活躍を続けている。
  • この作品は惑星を題材としているが、占星術から着想を得たものである。
  • 漢字の宮名は西洋から伝来した当初に意訳された占星術用語と思われる。
  • 米国を拠点として西洋占星術師として活動、執筆活動なども行なっている。
  • むしろベロッソスは占星術関連の著作によってよく知られていたのである。
  • とはいえ中世のキリスト教圏、イスラム世界では占星術が行われていた。
  • また、一部の占星術師は地球を金牛宮の守護惑星にするべきだと主張している。
  • 西洋占星術では、人馬宮の支配星で、双魚宮の副支配星で、吉星である。
  • Z占星術の特徴は、全部で8種類のシンボル群を使用している所にある。
  • 占星術によって歴史を解釈し、説明しようと試みたといわれている。
  • 近世以降においては占星術は自然科学の体系から完全に離れてしまっている。
  • 中世後期には王侯貴族の中にも占星術を重用する者は少なくなかった。
  • 早くも予言者や教祖や占星術師たちは新たな修正版の予言を発表していた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • ヴェーダの占星術によると、人間の感情や思考は月に支配されているという。
  • ところで、どういうわけか最近は占星術が流行しているようである。 星新一『きまぐれ暦』より引用
  • 他にも古代ギリシアの音楽に関する文書や魔術と占星術に関する文書が含まれている。
  • バレエ・占星術・チェロ・ヴァイオリンなど様々なことに興味を持った。
  • 人間の心を扱う研究は古代の占星術が扱うテーマの1つであったともいわれている。
  • 占星術が行われていた時代には、星に責任転嫁するのが普通だった。 ビアス/奥田俊介・倉本護・猪狩博訳『悪魔の辞典』より引用
  • インド占星術で特に重視されている要素としてパンチャーンガがある。
  • 次へ »