博文首相

5 の用例 (0.00 秒)
  • 伊藤博文首相は六月二日、衆議院を解散し、四日、アジア大陸への出兵が開始された。 宮原安春『軽井沢物語』より引用
  • 伊藤博文首相は鍋島幹広島県知事に議事堂候補を調べるよう指示、鍋島はその中で過去に仮の県庁舎として用いたことがある寺町の仏護寺を調査し議事堂として利用するには手狭であると報告、結果新しく議事堂を建設することが決定した。
  • NHKは、樺山台湾総督と伊藤博文首相が台湾領有直後の戦闘について、電報で「外征」という言葉を使用していることを取り上げ、これらの歴史的事実により、当時の日本政府が台湾での戦闘を「対外戦争」として扱っていたと主張した。
  • 伊藤博文首相は、組閣に当たり維新の元勲の総出で内閣を組織したが、大蔵大臣には松方前首相の就任が有力視される中で、下馬評を覆す形で渡辺が起用された。
  • 伊藤博文首相、陸奥宗光外相は顔色を失った。 宮原安春『軽井沢物語』より引用

博文首相 の使われ方