博文館

277 の用例 (0.00 秒)
  • 家庭の事情で東京に出された、博文館から高田新聞社を経て信濃毎日新聞社の記者となる。
  • 午前博文館石光君、年末までに百枚ほど書き、金を借りることにする。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 午後博文館の石光君の使の女の子長篇の進行をたずねに来る。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 交渉はようやく歩を進めて、保は次第に暁鐘新報社にとおざかり、博文館にちかづいた。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • しかし五日までは博文館印刷所の業を廃せなかった。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 書肆博文館が僕に対して版権侵害の賠償を要求して来た其翌日である。 永井荷風『申訳』より引用
  • その後岡の予想通り、岩波書店と博文館の間で裁判沙汰が起こることとなった。
  • 北海道をしばしば訪れ、紀行文を『太陽』などの博文館の出版物に寄稿した。
  • 博文館の『少年世界』に巌谷君のお父さんが少年読物をよく出していました。 河盛好蔵『井伏鱒二随聞』より引用
  • 博文館系統の帝国教育会出版部にて、「ふるさと叢書」というものを出す。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • そのころ彼は博文館の編集者をしていたのだが、むろん薄給で、受けとってくる金がない。 森本哲郎『読書の旅 愛書家に捧ぐ』より引用
  • 戦後は博文館の当用日記に、「大和」でのことを克明に書いていた。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • これは、博文館が創刊した小説雑誌「文芸倶楽部」の影響が大きかった。 嵐山光三郎『おとこくらべ .txt』より引用
  • 博文館の探偵小説雑誌『新青年』で、1925年の8月増刊号に掲載された。
  • 博文館の少年世界は、まだ少し難しい感があった。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • 当時博文館では、普通号では編集者がいくら書いても原稿料は出なかったが、増刊や増大号なら原稿料が出たのである。
  • まず、印刷は、震災の被害にもかかわらず、博文館印刷所で行うことができた。
  • 大きなけやきの樹に窓をおおわれた暗い六畳の部屋だったが、その後私もその同じ部屋に宿を借り、そこから博文館へ通ったのであった。 加能作次郎『早稲田神楽坂』より引用
  • 錦城の方は三千円になるが、先約故、博文館に先にとりかかるつもりになる。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • それがきっかけで博文館に入社し編集者となる。
  • 次へ »

博文館 の使われ方