博文館社長

5 の用例 (0.00 秒)
  • 女にもてないぶん仕事に専念して腕をあげ、実直であったため、博文館社長に認められて養子となった。 嵐山光三郎『おとこくらべ .txt』より引用
  • 博文館社長の招待で星ケ岡へ行く日、それ等をかねて家を出、学校から電報で催促を受けている三年卒業生の答案を郵便局に出し、森本あての速達も出した。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 編集作業はさらに遅滞し、空襲開始と共に編集部は場所を転々とし、最後は博文館社長邸の一室で新村猛と2名程の婦人スタッフで実務に当たった。
  • 岩波茂雄には断られるも、岡の友人渋沢敬三を通して事情を知った博文館社長大橋新太郎より強い移譲の申し入れがあり、『辞苑』は博文館へ移譲された。
  • 硯友社の一員であった渡辺乙羽わたなべおとわは、尾崎紅葉の媒酌で博文館社長の娘時子と結婚し、大橋乙羽と名乗り、「文芸倶楽部」を仕切った。 嵐山光三郎『おとこくらべ .txt』より引用