博文館の雑誌

6 の用例 (0.00 秒)
  • 立教中学在籍中のアルバイトで博文館の雑誌のカットを描き、これが挿絵画家の道に入るきっかけとなった。
  • 担当した雑誌編集者は数多いが、その中では、博文館の雑誌『少年少女譚海』の編集者で後に名物編集長として知られた井口長次、朝日新聞社の担当記者だった木村久邇典などが知られる。
  • 日本では1896年に森田思軒により博文館の雑誌『少年世界』で『冒険奇談 十五少年』として英訳本からの抄訳重訳して連載され、12月に『十五少年』として出版され評判となった。
  • 日本における本作の紹介は『アフリカゆき』よりも早く、大槻憲二が博文館の雑誌『少年世界』1925年1月号から12月号まで『ドーリットル博士の航海』の表題で連載したものが初訳である。
  • 日本における最初の翻訳は、大槻憲二が博文館の雑誌『少年世界』1925年1月号から12月号まで第2巻『航海記』を『ドーリットル博士の航海』の表題で連載したものであるが、単行本化はされなかった。
  • 元々「冒険」という言葉は森田思軒が『十五少年漂流記』を1896年に博文館の雑誌『少年世界』で連載『冒険奇談 十五少年』として英訳本からの抄訳重訳した際に造語された。