博文館

277 の用例 (0.01 秒)
  • 作品の多くは彼自身が編集する博文館発行の雑誌「少年世界」に掲載された。
  • その後正式に博文館の社員となり、『女学世界』の編集にたずさわった。
  • 錦城のは五十枚書いていて、その前からの博文館のはまだである。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 入京後三月二十六日から博文館のためにする著作翻訳の稿を起した。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 米松は大学を卒業すると、博文館に就職しようとしてあっさり断られた。 嵐山光三郎『おとこくらべ .txt』より引用
  • いま、その内容に入るまえに、出版社の名「博文館」に注目してもらいたい。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • 博文館の小説幼年時代を書くべきか、去年の病気のことを書くべきかと迷う。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 中には博文館はくぶんかんの発行した書籍に、この名の著者があったという人が二、三あった。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • また外に博文館発行の同戦史五冊のもの、三四欠本にて三冊あり。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 博文館の探偵小説雑誌『新青年』の1925年2月号に掲載された。
  • 博文館の活動は之から以後一層目鮮しかったので、事毎に出版界のレコードを破った。 内田魯庵『二十五年間の文人の社会的地位の進歩』より引用
  • 博文館の小説の一部を生かして書けるので、その筆ならしに早目に書くつもりなり。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 博文館の『朝日』に1931年年2号から翌年の3月号まで連載された。
  • 一九五五年以後の本日記は博文館の三年連記当用日記を用い、記述も比較的簡単である。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • 第三は博文館発行の雑誌「新青年」第六巻第十二号です。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 日記は博文館時代からのヒット商品であった。
  • 三十九年には脩が入京して小石川久堅町こいしかわひさかたちょう博文館印刷所の校正係になった。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 一日考えて結局博文館の長篇を書き続けることに心をきめる。 伊藤整『太平洋戦争日記(一)』より引用
  • 一月八日に保は東京博文館のもとめに応じて履歴書、写真並に文稿を寄示した。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 博文館は此の二十五年間を経過した。 内田魯庵『二十五年間の文人の社会的地位の進歩』より引用
  • 次へ »

博文館 の使われ方